c0038561_07561882.jpg



日の出の時間が6時台になると
私の場合
むしろ早起きしやすいのだな
と、最近気づきました

昼でも夜でもない
大気を
フェードイン・フェードアウトしていく
闇と光の交差模様は
いつでも私を惹きよせます


先週がお月見強化週間だったならば
今週は朝食強化週間でしょうか

もはや
外気温に頼ることはできず
自ら体温を起こしていかないとなりません
また
仕事の日は朝夕2食に落ち着いているので
平日は朝からしっかり、です



c0038561_07562770.jpg








c0038561_07563848.jpg












by raisinsand | 2018-10-31 08:25 | Comments(0)







c0038561_09110635.jpg






お山は城山とよばれ
その昔頂上にお城が建っていたという

ふっさりと芝生が生え敷かれている
川辺の広場で
みな裸足になりました

足で大地を掴み
思いきり息をはいて
すって
躰を縦横無尽にのばしてひねって



c0038561_09111296.jpg




自分の躰の感覚と
美味しい空気を味わい尽くして

はじめてのジャイロキネシス

終わった後の食事に饗された
天然子持ち鮎の梅煮

これもまた忘れがたしや




c0038561_09112046.jpg














by raisinsand | 2018-10-29 08:29 | Comments(0)









c0038561_15372798.jpg








c0038561_15373352.jpg






その展示室は
床に煉瓦風のタイルが敷かれており
高い高い天井に採光窓が設けられ
自然光がようやくもたらされるような

薄暗く
薄寒く
どこか緊張を強いられるような
静謐の空間です

ベルナール・ビュフェが描いた大作
、、、
キリストの受難を題材にした
二〇世紀風の
逆説的でさえもある大作
のための展示室

そこでコンサートがありました

空間を
完璧な別世界へと創りかえてしまう
音楽の力というものに
あの時ほど完全にもっていかれたことは
これまであったろうか?

という幸運にめぐりあいました

ブルターニュを拠点に
音楽活動をするKyという二人組。






c0038561_15372048.jpg




私はあの日
ブルターニュにも
アラブのどこか忘れ去られたような街にも
実際は知らないパリにも
連れていってもらったような気がするけれど

旅は旅を呼ぶといいますか
、、、





c0038561_15374117.jpg










c0038561_15375848.jpg














by raisinsand | 2018-10-28 22:09 | Comments(0)





c0038561_21372384.jpg








c0038561_21373901.jpg




栗名月
好きな言葉です

十三夜のお月さま
とても明るかったですね

そして満月夜の月の出
地平近くに見える
大きな大きな円盤が
赤銅色を帯びた妖しい輝きを放って

満月夜の月の出に巡り合うのは
私にとって稀なこと
だから自然とその光景が
目に
心にやきついていきます


夜毎の月を楽しむことができた
お月見週間でした

月の光に感化され
(単にその夜は疲れていたとも言えますが)
きいろみのバラを買いました

花も夜毎に一層ひらいて
香りまで楽しませてくれました



c0038561_07543431.jpg










by raisinsand | 2018-10-27 08:29 | Comments(0)






c0038561_07540383.jpg





クレソンと柿と林檎のサラダ
牛蒡と人参と蓮根のキンピラ
ほうれん草と舞茸の煮浸し
若布の味噌汁
おおまさり(落花生)のごはん


朝めざめ
カーテンを開けようと窓際に寄った瞬間が
日の出のとき


東の空にむかって
手を合わさずにはいられないひとときでした




c0038561_07541743.jpg





c0038561_07543030.jpg






by raisinsand | 2018-10-25 08:00 | Comments(0)





c0038561_08093861.jpg







c0038561_08095353.jpg




真っ青な空
ぴかぴかの太陽で目を覚まし
うずうずとせきたてられるような
うきうきした気持で洗濯機をまわして

そういう瞬間に
幸福というものを感じる気がします

突風のように
一瞬のうちに吹き抜けていく
最大瞬間風速のようなもの


真っ青な空を感じると
呼吸が楽になる気がします。

そして眩しい光を透かすような緑が
一層沁みてきます


一陣の風が吹き抜けていった後
心を落ち着かせたくなり
朝食兼用のお茶、ということに

おいしそうだなぁと買い求めた焼き菓子が
ほんとうにおいしかったりすると
包みに貼られていた原材料のラベルを切り抜き
とっておくようになりました
いつかのおやつ作りの参考にしよう
というつもりなのですが
それがなかなか。。。




c0038561_08100500.jpg










by raisinsand | 2018-10-21 08:30 | Comments(0)






c0038561_20193077.jpg



画面をみながらボタンをクリック
というより
書店で出会いたいと思いました

ふだんはうちの最寄りのこじんまりとした書店ですが
今回ばかりは街の大型書店へ

あまりその本のジャンルとか
そういうことは考えず
やみくもに
ずらりと本が並ぶ棚から棚へ
あるコーナーから別のコーナーへ
行ったり来たり

まだ出たばかりの本なので
すぐに何冊も積まれているのを見つけるつもりでいましたが
そうでもないのかな、と思い始めながら
棚から棚へ
花から花へ飛びまわるみつばちの如く
ぶんぶんと行ったり来たり

店員さんにたずねることもできましたが
(端末もありましたが)
それではつまらない気がして
少し丹念に探すようにしたら
やはり、ありました
ある棚にひっそりと収まっていたのでした

私は都合よく
待っていてくれたのね、ありがとう
と心の中でお礼を言いました




c0038561_20194251.jpg







by raisinsand | 2018-10-19 21:04 | Comments(0)






c0038561_21155118.jpg






ゆらめきが私を魅了する

今宵の月は
紅い宝石の粒のような火星をともない
ひときわ美しかった












by raisinsand | 2018-10-18 21:36 | Comments(0)





c0038561_19584692.jpg




夢を見すぎて心がちりぢりになっていた朝

雲海が裂け
まぶしいほどの光が射してきました

太陽や
星や月を見ていないと
すぐ迷子になってしまう...

なんていう言い訳は
言い訳にもならないのだから
しっかりなさいなと
テーブルの上のGentilleも微笑んで
おはようって。




c0038561_19583745.jpg








by raisinsand | 2018-10-17 20:31 | Comments(0)








c0038561_12020115.jpg





c0038561_12021424.jpg





ある夏の朝採れたてのとうもろこしを
ナイフで実をはずして
冷凍保存用にしておきました

そのとうもろこしと
安納芋で
やさしいスープ

たっぷりのスープ皿
はらもちもいいので
気もそぞろのお昼はじゅうぶんです





c0038561_12022771.jpg




by raisinsand | 2018-10-14 12:08 | Comments(0)