c0038561_19584692.jpg




夢を見すぎて心がちりぢりになっていた朝

雲海が裂け
まぶしいほどの光が射してきました

太陽や
星や月を見ていないと
すぐ迷子になってしまう...

なんていう言い訳は
言い訳にもならないのだから
しっかりなさいなと
テーブルの上のGentilleも微笑んで
おはようって。




c0038561_19583745.jpg








by raisinsand | 2018-10-17 20:31 | Comments(0)








c0038561_12020115.jpg





c0038561_12021424.jpg





ある夏の朝採れたてのとうもろこしを
ナイフで実をはずして
冷凍保存用にしておきました

そのとうもろこしと
安納芋で
やさしいスープ

たっぷりのスープ皿
はらもちもいいので
気もそぞろのお昼はじゅうぶんです





c0038561_12022771.jpg




by raisinsand | 2018-10-14 12:08 | Comments(0)





c0038561_20273315.jpg




夏の名残のおいしいものが
冷蔵庫にひかえていました
沈みがちな気分をも引き上げてくれる
紫蘇とバジル、大好きな香り

紫蘇の実は
胡麻油と醤油糀でさっと炒め合わせ
ご飯のおともに

硝子びんに入った無農薬バジルのペーストで
バジル豆腐


ひじきと根菜の炒め煮
大根と玉ねぎがんもと木の子の炊いたの
若布とたっぷりお葱の味噌汁
ぬか漬け
・・・

手を合せてごちそうさま


ハーブや
ときにスパイスは
魔法のように効きます



c0038561_20274729.jpg
(今朝近所に咲いていました)









by raisinsand | 2018-10-12 20:46 | Comments(0)




c0038561_21045738.jpg




永久に褪せない色

永久に安らげる処など

この世のどこにもないことを



c0038561_09030386.jpg







c0038561_21044084.jpg









c0038561_09032848.jpg




どこかでわかっているから




by raisinsand | 2018-10-10 21:19 | Comments(0)






c0038561_08320777.jpg






c0038561_08322583.jpg




こうばしい麦焦がしのなかに
栗ひとつぶ

秋になると
私は栗に夢中になる

そしてこの、ありがとうって気持

野山を駆け巡る動物たちと
おんなじだろうか





by raisinsand | 2018-10-09 08:59 | Comments(0)





c0038561_07483121.jpg



新米新蕎麦新秋刀魚

新酒に新栗新のつくもの

この時季の賜りもの

天高くかほる哉








c0038561_07484796.jpg






by raisinsand | 2018-10-08 08:57 | Comments(0)







嵐に洗われ
からりと晴れ上がった空
その夕暮れ時には
息をのむような瞬間が

またこれから、冬にかけて
私の特別な星がのぼるようになります

はじめて出会ったときから
永遠に出会ったように感じている星

子どもの頃から
つめたい夜空に探し続けた星

目が悪くなっても
肉眼でぼやけていても
気配で見つけて
どこにあるのかわかるくらい
いつも探して
見つけて
安心する星



その星とは別に
最近図鑑を眺めていて
気になるようになった星があります
写真と
その呼び名と
なぜか心にひっかかったまま





c0038561_20303982.jpg





c0038561_19272013.jpg

橙色と明るい黄色はそれぞれ
安納芋とシルクスイート
二種類のお芋さんです

蒸し煮して
熱いうちにたっぷりのオリーブ油で和え
塩糀を少々
すり胡麻は好きなだけ

私にはあと
ワインか日本酒があればいいかな
というひと品です


秋。
夜長ですね





by raisinsand | 2018-10-02 20:33 | Comments(0)