15. Dec. '16

c0038561_7555733.jpg

海苔さえあれば、
ごはんを美味しくいただけます。

さらに、夏だったら胡瓜の糠漬、
秋の間は、隼人瓜の糠漬、
冬になると大根葉炒め、でしょうか。
春はどうだったかしら...笑

ごはんと、上に挙げたようなのを、
一緒に海苔でくるっと巻き、
口に運べば、ほっこり幸せ♪
とてもカンタンなことです。
おそらく毎日、その季節中続けても、
飽きない自信があります笑

冬大根の葉は瑞々しく、
ふわふわと柔らかいので
下茹ではしません。

よく洗ってざくざくと刻み、
太白胡麻油で炒めて、
日本酒と塩糀で味を調えれば
大根葉炒めの完成。
強火で短時間に仕上げれば、
冷蔵庫に仕舞って翌日になっても、
鮮やかな緑を楽しめます。

今朝も早く目覚めたので、
しっかりめにいただきました。

玄米+雑穀ごはんに黒擂り胡麻、
南瓜の酒粕豆乳ポタージュ、
焼き海苔、
大根葉炒め(うるめ削りをふわりと)、
きんぴら、
キウイフルーツ。

おだやかな、よき一日になりますように。

(旧 霜月十七日辛未)
# by raisinsand | 2016-12-15 08:14 | Comments(0)

14. Dec. '16

c0038561_20133456.jpg


先日、ひさびさにモノクロームの世界に
惹き込まれました。
柔らかく精細な映像が美しかった...

色の表現が意のままに操作できる
この時代だからこそ、
モノクロで撮る意味や、
表現の効果にも、
昔にはなかった広がりが
もたらされているのかもしれませんね。

その夜たまたま実家に帰っていて、
テレビで観た映画でした。

うら寂れた街の哀愁の色や、
年老いた白髪の父親の、
悲哀の瞳の色は、
あのモノクロームの光によって、
観る者の心の眼に届いた...

ユーモアにも郷愁を感じる、
よい作品でした。

今宵は晴れましたね。
冬空が、
満月に煌々と照らされています。

(旧 霜月十六日庚午)
# by raisinsand | 2016-12-14 20:14 | Comments(0)

11. Dec. '16

c0038561_952215.jpg


さつまいもの蒸し煮
オリーブオイル黒ごま和え。

何度も立ち読みさせていただいて、
いろいろ検討して(笑)、
やはり手元に置くことにした雑誌の
レシピです。

もともとシンプル。
作り方をおぼえてしまっても、
その都度レシピを見ながら拵えると、
気が引き締まるようで、
いいものです。

慣れてしまわないことって、
意外なほど大切...なのですよね。

お芋さんから初心を。

日々、そんな積み重ねで
いきましょうか笑。

(旧 霜月十三日丁卯)
# by raisinsand | 2016-12-11 10:13 | Comments(0)

10. Dec. '16

c0038561_792252.jpg

ようやく浅い眠りがやって来る頃、
新聞配達のバイクの音が
聴こえてきました。

浅く心地よい眠りの中で、
近くに、
鳩がくぐもるように鳴いているのを
聴き、

それからしばらくして、
遠くに、
カラスが鳴いているのを聴いて。

はっと目覚め、
カーテン越しに覗いてみると、
まさに空は、
深い藍から水浅黄へ
という時を迎えていました。

今朝は、息を飲むより、
なんてきれいなの!
と、ひと言はっきり発することから
始まりました。

次第に空が、
優しい茜に包まれゆくのを、
背中に感じながら、
熱いチャイを淹れました。

今日もいい一日になりそうです。

(旧 霜月十二日丙寅)
# by raisinsand | 2016-12-10 07:23 | Comments(0)

8. Dec. '16

c0038561_6405184.jpg

夜明け前、
まだ闇に包まれた空が、
曇っているのか、
晴れているのか。

ぱっと目覚めるとまず、
カーテン越しに空を伺います。

月に寄り添う惑星の煌めきや、
月のいない空の星の瞬き、
空の色のドラマチックな変化、
日の出の太陽。

それらが、
ここは宇宙空間だよ...
と語りかけてくれます。

冬は、日の出の時刻が遅いために、
夜明けの空との対話を、
容易にしてくれます。

クリスマスが近づいてくると、
絵本が欲しくなってしまいます。
わたしの中の"絵本好き"が
蘇る季節です。
三つ子の魂、百まで、
とも言えるでしょうか笑。

先日、
古書フローベルグさんの本棚のあるカフェで
心惹かれる一冊に巡り会いました。

読んでみると、
『わたしのおふね マギーB』の
Irene Haasの絵本でした。

子どもの頃から変わらず、
1番目に好きな絵本を挙げるとしたら、
迷わず、マギーB!
です。

本に挟まれていた丁寧な手書きのタグに、
値段と共に"絶版"、とありました。
これでは迷ってはいられませんね笑。

この冬の一冊が決まりました。

その日、もうひとつ嬉しい発見がありました。
一緒にお茶を飲んでいた友人も、
マギーBを知っていて、
憶えていてくれたこと。

ちいさなことに喜び大きく。

友人にも絵本にも、感謝でした。

(旧 霜月十日甲子)
# by raisinsand | 2016-12-08 07:27 | Comments(0)

6. Dec. '16

c0038561_6584684.jpg

大豆と人参のスープです。
スパイスを効かせ、
フェンネルをのせました。

大豆を主役に置くことで、
大豆のパワフルさが
ひしひしと感じられます。
食べ応えあり!なスープに
なりました。

c0038561_722393.jpg

キウイフルーツは、
冬の果物です。

いつもお世話になっている農家さんの、
土と自然の力を活かした
オーガニック・キウイ。
このところよく、
朝のサラダとしていただいています。

酒粕にシークヮーサーの果汁を合せ、
キウイとリーフ野菜を共に和えます。

仕上げに、
オリーブオイルと海塩を、
盛りつけたお皿の上から
ふりました。

c0038561_772324.jpg

純米大吟醸酒粕、
というものに出合ってから、
お味噌汁と言えば粕汁に。
また、トーストに添えるジャムにも、
はちみつにも、
酒粕をブレンドして、
たっぷりトーストにのせたり...

これでは酒粕ホーリックかな笑。

気のせいかもしれませんが、
体調も整えられているように
感じています。

いずれにしましても、
こんなにも気の合う食材に巡り会え、
冬の楽しみが広がり、
感謝です。

(旧 霜月八日壬戌)
# by raisinsand | 2016-12-06 07:20 | Comments(0)

5. Dec. '16

c0038561_8144815.jpg

『 道とは、

生活であり、

それは生命の成り立ちです。

・・・・・・

今、目の前にあることが、

天の与えた道。

だから、常に新鮮な心で、

それを受取ります。

「自分はこうするべきでは?」

と思わなければ、

確実に新鮮な毎日が来ます。 』


心の師と仰ぎながらも、

仰ぐより親しみを感じさせる...

そのような人の言葉について、

ここ数日、

特に集中することを心がけてきました。

そして昨日は一日、

目の前のことに全力を投じてまいりました。

結果(果報)にはこだわらず、

ただただ目の前のことのみに集中する。

そのような時を過ごすことが、

どれほど清々しいことか。

それを深く実感させてもらえる、

一生に一度の経験でした。

思わぬギフトに、

昨夜は疲労感も徒労感もなく、

感謝の気持ちだけが残りました。


c0038561_827258.jpg

子どもの頃から使っていた

鉛筆削りは、

実家にそのままありますが、

こちらの住まいにも、

やはり鉛筆削りがあるといいな、

ということで、

MUJIで新調してまいりました。

さっそく鉛筆1ダースを、

手回しのハンドルでカリカリと。

なぜだか嬉しくなってしまうのですね。

これまで不器用に、

ナイフで色鉛筆も削ってきましたが、

これからは、カリカリと気持ちよく♪


何につけても、

"集中" (スラック・シワラック師はsamadhiと呼ぶ)は、

来年にかけてのテーマとなることを、

駆け足の師走を過ごしながら

感じています。

(旧 霜月七日辛酉)
# by raisinsand | 2016-12-05 08:41 | Comments(0)

27. Nov. '16

c0038561_127948.jpg

ディルのオムレツ、
林檎と大根の酒粕麹ドレッシング、
かぼちゃ丸パン、
紅茶。

静かな日曜日です。

気になっていた本を、
図書館ですんなり借りることができ、
ご機嫌になりました笑。

先日の奈良で、
三月堂、二月堂、講堂址、大仏殿と
まわった後、
東大寺の旧境内だったという
落ち着いた家並みの道を
歩いていたときのことです。

ある一軒家の入り口に、
入江泰吉旧居、本日無料開放
というサインが出ていました。

入ってみると、
懐かしくも、
贅沢さを感じずにはいられない、
昭和のよき住まいを、
ボランティア(?)の方が、
丁寧に愉しく、説明してくださりました。
その方が、資料類と共に、
胸に抱えるようにして持っていたのが、
その本です。
表紙しか見えなかったものの、
あれは一度手に取るべき本、
と思ったのでした。

図書館から借りることができて、
読ませていただいて、
写真の数々も拝見して、
あの時そう感じたことに、
納得、です。

c0038561_12235246.jpg


(旧 神無月二十八日癸丑)
# by raisinsand | 2016-11-27 12:27 | Comments(0)

26. Nov. '16

c0038561_6145998.jpg

気づけば、
ふだんのご飯も、秋が深まりきって、
冬らしいものをいただくように
なりました。

白味噌仕立ての粕汁には、
お裾分けにいただいた里芋、
茹でてストックしていた大豆、
大根にしいたけ。

出汁に使った昆布と椎茸を刻み、
蓮根と人参も刻んでお醤油味に
炊いたもの。

玄米ごはん(はと麦いり)に
紫蘇ふりかけ。

c0038561_631592.jpg


c0038561_6322571.jpg


素敵な週末になりますように。

(旧 神無月二十七日壬子)
# by raisinsand | 2016-11-26 06:35 | Comments(0)

25. Nov. '16

c0038561_724453.jpg

今朝の夜明けの空、
見られた方、いらっしゃいますか?

天高く、
ほっそりとした三日月が浮かび、

地平線に向かって、
三日月のすぐ下に、とても明るい星、
その下少し離れて、明るい星が、
一直線に連なっていました。

とても明るいほうは木星、
明るいのは金星、でしょうか...

昨日は、早すぎる雪に驚きましたが、
降りしきる雪の美しさに触発され、
部屋のかたすみに、
かんたんなクリスマスコーナーを
こしらえました。

お花屋さんで目が合った、
茶綿のコットンボール。
ふかふかと暖かな感じが気に入り、
ふた枝ほど。
あまりの寒さのせい、ということに
しておきましょう。
瓶にしまいこんでいたリボンを結び、
小物をつるしました。

クリスマス、
あと1ヶ月もすれば、ですね。
早いなぁ。

(旧 神無月二十六日辛亥)
# by raisinsand | 2016-11-25 07:42 | Comments(0)