新月

今日は新月の日というのに、、、今週はずっと排出よりも吸収がはげしいようです。
先週末神戸で、ひさしぶりにパンやらケーキやら中華やら日本酒やらを大満喫(?)したのが効いたのかなぁ・・・
体内リズムが狂い気味。
朝から晩まで食欲旺盛(苦笑)。
朝起きるのがホント辛い。
思考も鈍くて、いちいち物事に取り掛かるにも腰が重く感じてしまう。

しかし!
やるべきことも山積している今は、いちいち振り返ってばかりいても仕方ない。
旅の疲れも重なっていたと思うし、徐々に軽くなってきている。
今日はリセットデーにしたいです。

c0038561_9565126.jpg
赤米甘酒プディングが今朝の朝食(+梅醤番茶)。
水溶き葛をを沸騰させ、赤米甘酒、豆乳、塩少々。
昨日ふと思いついてとっさに作ったものです。
あたたかい出来立てよりも軽く冷やしたほうが、
赤米甘酒の香りがしっくりくるようです。
桜をかざって春色にしました。

今夜はかるーくかるーく行こう(笑)
# by raisinsand | 2005-03-10 10:10 | Before... | Comments(4)

明楓

5年間の会社勤めにまもなく終止符を打ち、次なる生活を始める前に一度やってみたかったことがありました。
それが母との二人旅。
実家の両親はけっこう仲良しなので、母だけ借りて旅をするということはありませんでした。
これからUSに行くし、その後も場所を問わずいろんな経験を積みたいと思っているので
これが叶うのも今のうちかも・・・ということで。
なんとなく行き先に神戸を選びました。
なんとなく、でしたがこれがまたとてもよかったです。あっという間の3日間でしたが。

まず第一に、旅先ですっかりなじめるお店に出会えたこと。
明楓(メイフウ)には、2晩1昼と通いました(笑)
お店のテーブルに座っていると、不思議と落ち着いてホッとするのです。
シンプルなインテリアの中に、アンティークの写真が壁にかけてあったり、風水を考えた飾りがあったり。
いろんな中国茶の中から、そのときの体調に合ったお茶を選んでくれ、何杯もポットにお湯をつぎ足してくれます。
お茶を飲み飲み(私は青島ビールも飲んだりしましたが・笑)、今回の旅ではなんでも食べました。
どのお皿にも共通して、素材の下ごしらえをちゃーんとやっているんだなぁということがよく伺えました。
久しぶりに蒸し鶏や叉焼を口にしましたが、余計な油は全くなくて
だから匂いも気にならなくて、それでいてしっとりしてました。
どのメニューも優しい味わい。
日本で見られる、派手でインパクトが強くて見た目もゴージャスないわゆる中華でもなく、
コテコテで化学調味料っぽい食堂の中華でもなく、
料理をしてくれる方の人柄かなぁと思われる、オリジナリティのあるチャイニーズにすっかり虜となってしまいました。

c0038561_10423211.jpg
黒米のおこげ料理や、コシのある湯葉の炒め物も
美味しかった~。
大根餅も他で食べたのとは全然違ったし、
炒め物や煮込みのきのこの味と食感がサイコウだった。
涼菜もあつあつの料理もどれもこれも、優しい味でした。

c0038561_1045050.jpg
最初はチャイニーズスイーツ
カフェを開こうと思っていたと
お店の方から伺いました。
スイーツも本格的です。


スイーツ各種、じりっとした甘さはなく、ふんわりしてました。
添加物は全くつかわないって言ってました。
マンゴープリンや杏仁豆腐、蒸し菓子、他にも3日間でいろいろ食べてきました(笑)

c0038561_10501083.jpg
でも、忘れません!(苦笑)
普段あまり口にしないものをよく食べるかわりに、
毎晩ホテルに帰ってから梅干番茶でしめくくりました。
梅干番茶エキスが1回分づつスティック個装されている旅のお助け商品を
たまたま元町商店街のナチュラルハウスで見つけました。
(どこに行ってもも、ナチュラルフード系のお店を見つけるとふらーっと入ってしまいマス・・・)

なんだか明楓礼賛な文章になってしまいました。
そうそう、北野散策や灘の酒蔵めぐりも楽しかったな(こっちのほうがおまけみたいだけど・笑)。
# by raisinsand | 2005-03-09 11:11 | Before... | Comments(4)

通詰

神戸小旅行から帰ってきました。
2泊してきました。
3日間目一杯楽しんできました。

とても素敵なお店に出会いました。
仲村トオルをもっとソフトで明るくしたカンジのするお兄さんが腕を振るい、
チャーミングでしっかり者、よく気がつきよく働く(!)おしゃべり好きなお姉さんが接客。
二人とも、センス抜群なのです・・・お店の雰囲気、お料理、そしてサービスの。

c0038561_2219115.jpg
明楓(CHINA MAPLE CAFE)。
どこにも宣伝を出していないお店なのだけど、
たまたま存在を知ることがあってどうしても行きたくなり、行ったお店。
短い滞在中毎日通い詰めちゃいました。



今日帰り際、しばらくここに来れないと思うと、とても寂しくなってしまったのですが、
お店の方もそう言ってくれました。
旅先でたまたま知り合った人たちと、じんわりくる大切なものを共有できたような気がしました。
やっぱり偶然なんてモノはなく、
何処でも何時でも出会うものには縁がある、
一期一会・・・だなぁ。
せつなさみしいシアワセ。

明日は回顧録でもまとめようかな。
# by raisinsand | 2005-03-07 22:35 | Before... | Comments(0)

赤酒

今夜も、寒い外から家に帰るなり甘酒タイム。

c0038561_2239543.jpg
古代米・赤米・赤麹で作られた古代米甘酒。
赤麹の独特の香りがして、
けっこうお米のつぶつぶ感もありました。

普通の甘酒とブレンドしたり、
豆乳と葛なんかを合わせてプディングにしても良いかも。

今朝起きる前から、しんしんと降る雪の音が聞こえてきたけれど、外を見た瞬間は驚きました。
屋根や木々に積もる雪を窓から見下ろすのって結構好き。
でも、コンクリートの道路に積もった雪って、びちゃびちゃと解けてきれいじゃなくって、
そんな上を歩かなければならないのはちょっと悲しい。
通勤中滑ってコケそうになり、ひやひやでした。
# by raisinsand | 2005-03-04 22:53 | Before... | Comments(2)

甘酒

以前は、甘酒と言えばひなまつりでしたが、
マクロビオティックに出会って以来、玄米甘酒が日常的に(かなり頻繁に・笑)楽しむ飲みものになりました。
甘酒、好きでたまりません。

ひなまつりのPOLE POLEのお味噌汁には蛤が入っていました。
潮の香りがふわーっと。
味噌は控えて、貝の塩分をとてもうまく引き出してあり、上品でじんわりおいしいお味噌汁でした。

c0038561_22563285.jpg
これといって、今日を特別にするような準備はしてませんでしたが、
いつもの甘酒をちょっと気取ってみました。
桜の塩漬けをあしらっただけ、玄米甘酒。

塩味と甘酒のマッチング、イケテました。
# by raisinsand | 2005-03-03 23:04 | Before... | Comments(6)

翼雲

今日は用事を済ますために夕方日が暮れる前に会社を出ました。
空がまだかなり明るいうちに窓のない職場を離れられるのはうれしいことです。
日がどんどん長くなってくれるのもホントにうれしい。。。

歩いていたら、建物の隙間にみえる西の空に大きな翼の形をした雲を発見しました。
いつの頃からか、雲をみつけると形を連想するのがクセになっています。
翼雲は雲の形の中でもかなりのオキニイリです。滅多に見ることはないのですが。

c0038561_23491146.jpg
そうそう、以前に見た翼雲で印象に残っているのは、
去年と全く同じ時期に沖縄の空でみた翼雲でした。
(この写真がそう。ケータイのカメラで撮りました。)

今年見た翼雲は、
去年の翼よりもさらに成長して見えました。
去年の翼は天使のものだとすれば、今年は大天使の。
ロマンチック過ぎ?(笑)
# by raisinsand | 2005-03-02 23:53 | Before... | Comments(0)

採暖

なんて今夜は寒いのでしょう。
会社を出た7時過ぎにして、もう外は冷蔵庫を超えて冷凍庫ではないかという寒さ(涙)

今夜のために買っておいたと言えるでしょう・・・酒粕!

c0038561_22202833.jpg
今夜は粕汁を作りました。
昆布と根菜を煮て、味付けは塩オンリー。
こんな時の勝負塩(笑)は、沖縄の友人のまた友人の特製手作り塩。
あったか度をupするために、葛も加えてとろみもつけました。



最近英語力をつけるために、頭をフル稼働して英語と格闘してます。
馴れないことを必死でやっているせいか、どうも興奮気味と言うか知恵熱気味と言うか・・・。
なんだかふと飲みたくなって、ひさしぶりに「千代泉」をグラスに注いでみたものの、
匂いだけでくらーっと来てしまった。
というわけで、粕汁が煮立ったところに泡盛もプラス。ほどよくアルコールが飛んだところで出来上がり。
暖をしっかりとりました。
# by raisinsand | 2005-03-01 22:33 | Before... | Comments(4)

昼食

寒さが厳しい冬の間は・・・と、
早起きが辛いこの季節の間は、会社に持っていくお弁当作りを休止しています。
(お弁当といっても、玄米おにぎりや玄米サラダ風をささっと作るしかしていませんでしたが・苦笑)
目が覚めて、慌てて一日をスタートするよりも、
やるべきことを減らし、落ち着いた気持ちで家を出るほうが、楽チンだし一日をいい状態で過ごせるようです。

だからと言って、会社員人生、お昼ご飯に何を食べるかが重要なことには変わりません!(苦笑)
私は、ほぼ毎日、会社から歩いてほど近くにあるPOLE POLEというお店に行きます。
そして、頂くメニューは毎日おにぎりとお味噌汁のセット。
今日は、いくらと昆布のおにぎり、芽かぶと山うどのお味噌汁(しいたけ・大豆・人参入り)。野沢菜漬も。
マクロビオティックではないので、白米のおにぎりの具は魚介類が入っているし、お味噌汁は魚の出汁をとってあります。

でも、美味しさが違うのです!
お米は、お店の主人さんの田舎の新潟産。
それを、優しくてしゃんとしている、つい「お母さん」と読んでしまいそうな奥さんが
お釜で炊き、手塩をかけてにぎり、海苔をぐるりと巻いてくれたのが、おにぎりなのです。
手のぬくもりをはっきり感じます。

お味噌汁も、日替わりで具沢山。
今日の山うどと芽かぶなんて、まさしく春の香りがします。
レンコンやサトイモがたっぷり入っている日もあり、とてもりっぱななめこがいっぱい入っている日もあり、
野菜のソムリエの勉強中という奥さんに一言声をかけると、日々の工夫をたのしそうに喋ってくれます。
c0038561_15354296.jpg
会社を辞めるまで約一ヶ月。
そろそろ日の出も早くなり、お弁当作りを再開しようかとも思うのですが、
奥さんとご主人さんのお顔を見て、
お味噌汁飲んでおにぎり食べて、
ほっとお茶飲んで、息を抜く楽しみは
まだやめられそうもありません。
# by raisinsand | 2005-02-28 15:45 | Before... | Comments(6)

髪色

夕方、髪の毛を切りに青山まで出かけてきました。
今日は月の星座で言うと乙女座の日、つまり髪の毛を切ったりするのに適した日らしいのです。
月のカレンダーを見てふと思いたち、この日に予約を入れてみました。
自然のリズムに合わせれば、何事も程よいペースで進んで行くのは当たり前のことかもしれないですね。
でも現代人、そんなことは多分すっかり忘れてしまっている、、、のかなぁ。

私の髪の毛ったら「多く・太く・硬く」て黒々してる、、、
これまで毎回ヘアサロンに行ってもなんだかコンプレックスを感じずにはいられませんでした。
でも、食事が少しずつ変わり、以前よりも毎日が穏やかに過ごせるようになってから、
なんだか髪の毛も落ち着いてきたような、でも気のせいかな?くらいの変化だけど・・・って思ってました。
今日は「乙女座」ということもあり、スタイリングの長持ちを期待してヘアサロンマネージャー指名!(笑)
無口なマネージャーさんの華麗なるカットさばきの中、気持ち良くってうとうとしかけたら、
「髪の毛の色、地毛の色? きれいだね」
という一言が突然耳の中に。
今までヘアサロンでこんな風に言われた記憶もなく、またお世辞風にも聞こえなくて、
ほんのささいなことでしたが、正直とぉーってもうれしくなり、一瞬顔を赤らめてしまいました(笑)

これも、食事や生活のスタイルが落ち着いてきて、カラダに良い変化が起こり始めているってことなのかな・・・。
そういうことにしておきましょう!(笑)

c0038561_21504242.jpg
お昼前、彼と一緒にお汁粉タイム。
昨日煮た福白金時と小豆を甘酒と一緒に温め、よもぎ餅を入れて。





c0038561_21493368.jpg
大胆かつ繊細(!)な今夜のメインディッシュは煮しめ。
しっかり火の通った野菜は、甘いだけでなく旨味がすごいです。
刻み昆布と一緒にマスタークックで煮ただけなのに。
ピーナッツダレを作ったけれど、ほとんどそのまま食べてしまいました。
他にキビご飯、ごま豆腐、ごぼうの味噌漬け、番茶。


英語強化月間にこれから突入です。
昨日から合わせて3冊のテキストをゲット。
彼にも、インターネットを使って英語力を鍛えるコツを伝授してもらいました。
いくらヒアリングを鍛えるためとはいえ、DVDを毎日見るのはしんどいしなぁと思っていたところの救世主です。
# by raisinsand | 2005-02-26 22:19 | Before... | Comments(4)

豆豆

気がつくとお豆を煮たくなる日々はまだ続いてます。

c0038561_0275100.jpg
白福金時と小豆をそれぞれ。






退職一ヶ月前にして、いっきにイロイロ動き始めました。
此処のところ、いい状態であることには変わりないと思うのですが、
ふっと気を抜くと、前進を阻む渦に巻き込まれやしないかって心配になる瞬間もあるのです。
ころんとした豆を洗ったり、煮るときふわーっと広がる匂いを吸い込んだり、
そのままの豆の甘みを味わったりすると、ほっとします。

c0038561_0283040.jpg
小豆は甘酒とぜんざい風にして。
# by raisinsand | 2005-02-26 00:46 | Before... | Comments(4)