<   2017年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花と月。

c0038561_14372768.jpg


花オクラをいただきました。
断面が星型にも見えるあの野菜とは別の品種で、
花を楽しむために育てられているのだとか。
大輪で、淡く透き通るようなクリーム色。愛でても美しいお花です。

食用にしてしまうのが勿体ない気もしましたが、
花びらをそっとはずし、そのまま味わいました。
爽やかな甘みと、あのオクラのほのかな青さ。

今夜は野菜のオクラのほうを、春巻きの具材にしてみます。
旬の野菜を、桜エビやチーズなどと一緒に巻き込む変わり春巻きは、
いつ頃からか定番のおかずになりました。
オクラバージョンは初めてです。

たしか一昨日は満月、昨夜は十六夜だったと思いますが、
月がそれは明るく感じられました。
不意に射られるような気配を感じて振り向くと、
優しくやわらかい月の光、というものはなく、
強い光が空からすべてを照らしているようで、
ぞくっとしてしまうほどでした。


(旧 水無月十九日己未)

by raisinsand | 2017-08-10 15:53 | Comments(1)

緑陰の珈琲時間。

c0038561_06323314.jpg
木立にすっぽりと包まれた敷地に立つ母屋で、
ねじさんの珈琲と、自家製羊羹をいただきました。

珈琲に浮かぶ氷の塊は、
遠い海の氷山のようにも水晶の欠片のようにも見え、
まずは目に、涼をもたらしてくれました。
とろりと濃厚な液体を少し口に含むと、心地よい刺激が喉元を通過していきました。
ひと口ごとに、それまで身につきまとっていた暑さはほどけてゆき、
隣で同じものを飲んでいた友人と、
なんだかお酒を飲んでいるみたいね、という話になりました。

愛おしむように、
最後のひとしずくまで飲みきりました。


(旧 水無月十五日乙丑)



by raisinsand | 2017-08-06 08:40 | Comments(0)

真夏の薔薇。

c0038561_16223346.jpg
こんなに暑いのに、一輪咲きました。
お庭で周りをいろんな植物に囲まれながら、
栄養は、たまに撒かれるお米のとぎ汁やお茶殻のみ。
そんな真夏の君は、いつもより小柄でスリムです。

毎日夜明けの空が白んでくる頃、
1羽の小鳥が近くにやってきて、
澄んだ声でおしゃべりみたいに聴かせてくれて、
そして行ってしまうのだけれど。
その声の主、小鳥の名は、
いつまでたっても分からぬままです。

(旧 水無月十三日癸亥)

by raisinsand | 2017-08-04 16:36 | Comments(0)

町の小さな図書館の効用。



c0038561_12032575.jpg



母は毎週地元で開かれる朝市に出かける前、
必ずいつもの農家さんに電話をかけ、野菜の予約を入れている。
この前の土曜日は西瓜が穫れるようになったということで、
母は予約の電話を終えると、嬉しそうに「今日は"ハメハメハ"があるわよ」と言った。
「カメハメハでしょ?」と返すと、
「ううん。ハメハメハって武藤さん言ってたわよ」と母は譲らない。
私は大笑いして母が朝市に出かけていくのを見送った。

車のトランクに夏野菜と西瓜を満載して帰ってきた母は、
真面目な顔をして「やっぱり"カメハメ"だったわ」と言う。
私は再び、お腹をかかえて笑うことになった。
「ちがうよ、武藤さんは"カメハメハ"って言ったはずだよ。
カメハメハってハワイに実在した王様の名前だよ」と言っても、
母にはぴんときていないようだった。
仕方なしに、居間にある父のノートパソコンで西瓜の品種を検索し、
カメハメハなる西瓜の種が販売されているサイトを母に見せた。
母は首をすくめながらニコッと笑い、その日のカレンダーに「清水朝市、カメハメハ」と記した。
母はいつも、カレンダーにその日その日のイベントを、
その日の気温や家庭菜園から収穫されたミニトマトの数などと共に記録している。

*:*:*:*:*:*:*:*:*:*

来月、もう何年ぶりであろうという秋田を訪ねることになりました。
マタギの里で知られる山深い地に、阿仁という小さな町があります。
その町をはずれて少し行ったところに荒瀬という集落があって、
そこに母の実家がありました。
その家から歩いて10分とかからないところに先祖代々のお墓があり、
墓地は小高い丘のような場所で、森吉山を望むことができます。
昨冬、母方のご先祖様の眠るお墓を新しくして、
また、来月は父が秋田県で開催されるねんりんピックというイベントに参加するため、
秋田に出向くというので、では今年は秋田だね、久しぶりにお墓参りしよう、ということになったのです。

父がねんりんピック参加者ご一行として別行動をしている間、
母と私と、静岡から車で東北を目指すことにしました。
遠いことだし無理はいけないという口実で、岩手で一泊、青森で一泊(遠回り!?)宿をとり、
その後父とは北秋田市の鷹ノ巣という町で合流して一路母の実家を目指し、秋田で一泊、という計画。
能代での大会を終えた父と鷹ノ巣で合流することにしたのは、ちょっとした私の都合により、です。
それは数年前、ある雑誌で伊勢堂岱遺跡を知り、以来気になっていて、
この機に伊勢堂岱遺跡に立ち寄ってみたい、と持ちかけたところ、二人とも「いいよ」と二つ返事でした。

伊勢堂岱遺跡は縄文時代の遺跡で、
鷹ノ巣にできた空港へのアクセス道路をつくろうとした時、発見されたそうです。
発掘の際、4つのストーンサークルや日時計組石などが出てきて、遺跡保存への近隣住民の機運も高まり、
アクセス道路は結局迂回されることになったのだとか。
縄文時代の建築・構造物や祭祀には以前から興味がある上、
母が子どもだった頃、住んでいた近くで遺跡の発掘があり、手伝ったことがあると聞いていたので、
その繋がりも漠然と感じたのでした。

また、伊勢堂岱遺跡という呼び名の由来も、今となっては気になります。
「伊勢の堂岱」ってなに?どうして?というわけです。
そもそも、伊勢志摩の伊勢という地名も由来があるわけでしょう?
いつからその地は伊勢と呼ばれるようになったの?と疑問が湧いてきました。
そして、あるサイトに、伊勢の地名の由来についての記事を見つけ、
さっと目を通したりもしたのですが、
この問いについて、そんなに急いで結論を得たいと思っているわけでもありません。
神宮の伊勢も、遙か縄文の伊勢堂岱遺跡も、本腰を入れてその歴史を探りたいのなら、
アースシーを生み出したル・グウィンが言うように、
"想像力の一つの形態である記憶の中に存在する"過去の出来事として、
みずから物語っていくことをして、何が起こるかをみきわめていく、
という手続きを踏まなければならないことでしょう。
それすら、歴史家や研究者にお任せするしか私にすべはないのですが。
直感とフィーリングで、気の赴くままに訪ねたい地を訪ねることができるだけで、私のような者には十分です。

先日初めて伊勢を訪ね、
神宮という聖域に漂っていた一種独特な、爽やかとも言える神々しさと、鎮守の森の揺るぎない生命感に、
忘れがたいものを感じて帰ってきたのですが、
その後、私の住む町の小さな図書館で、一冊の興味深い本を手にすることになりました。

その図書館は、港区立図書館とか目黒区立図書館などの大図書館に馴染んでいた身にとっては、
あまりに小規模で蔵書数も少なく、物足りない、つまらない図書館、と思っていました。
それがある日を境に変わりました。陽気のいい日でした。
町の図書館の開け放たれた窓の外からは、美しい小鳥のさえずりが絶え間なく聞こえてきました。
さえずりが心地よく耳に響き、とてもリラックスした気分で、ただなんとなく書架から書架へ、
背表紙を眺めて過ごしていたら、その中に、興味をそそる本が幾つも隠されていたことに気がついたのです。
以来、その狭い図書館内を逍遙するかの如く(笑)、囚われない心持で(笑)本探しをするようになったのですが、
そうやって最近手にした本は、そのタイトルもずばり「伊勢神宮」。
新刊コーナーではない書架でひっそりと借り手を待ち続けていた、真新しいような無垢なような本でした。
近寄りがたい本であっても、まずはどんな人が書いていますか?と、巻尾の著者略歴に目を通して接近を試みます。そうですよね?笑
その本の著者である太田新之介さんは三島在住で、木造建築を主とする設計監理をなさっているということがわかりました。
これで第一関門はクリアしました。

その次、巻末にあった伊勢神宮内宮正殿の変遷を示すイラストに目が止りました。著者自身によるイラストでこれまた好印象。
さらにまえがき「はじめに・瓦解した伊勢神宮のイメージ」を読み始め、本を借りることにしました。
どうやら著者の太田さんは、木の建築のプロフェッショナルとして、神宮(殊に内宮正殿)を木の建築の原点と捉えながら、
神宮を巡る史学をたどっていく内に、思いも寄らない史実と出合ったようなのです。
この「伊勢神宮」の中核に、飛騨の口碑と言われる、岐阜県飛騨地方に2500年前から口伝で伝わってきた物語が据えられていて、
そこに私の関心が集中しました。

まだ読み始めたところです。
様々な仮説や推測憶測が飛び交う、古の日本のこと。
知れば知るほど、謎が深まっていくのかもしれませんね。
私には、その知の入り口すら、まだずっと先にあるように思えていますが。

(旧 水無月十一日辛酉 大雨時行)



by raisinsand | 2017-08-02 15:30 | Comments(0)