<   2015年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

reaction 2

c0038561_2131488.jpg

電車が地中から地上に出て、

桜色の目黒川を見たら、

そうか、その手があった、と思いました。

目黒で途中下車し、

駅ビルに入っているとらやさんで桜餅をひとつ。

仕事の合間にしみじみと味わいました。

花が特別ならば、やはり桜餅は和菓子の中でも特別です。

これで3月も思い残すことなくなったでしょうか。


今朝は、あたためたスコーンに人参サラダと甘酒バニラの白あんペーストを添え。

瑞々しくおいしかった黄金柑もこれにて終了、でした。

(旧 如月十一日乙巳)
by raisinsand | 2015-03-30 21:44 | Comments(0)

reaction

c0038561_19485816.jpg

c0038561_19491961.jpg

今朝の"名演奏ライブラリー"は、ワンダ・ランドフスカ。

ポーランドのチェンバロ、ピアノ奏者、ということでした。

中でもバッハの「ヴァイオリンとチェンバロのためのソナタ」を聴くことができたのは、

うれしかった。

好きで、他の演奏者のCDをよく聴くのですが、

ラジオで聴いた演奏はかなり古い録音のもので、

その時代を感じられるような素敵な演奏でした。

思えば震災以来のラジオ生活の中で、

"五大・よく聴くラジオ番組"ができたような感じです。

日曜朝の"名演奏ライブラリー"はそのひとつ。

あと、土曜朝の"ウィークエンド・サンシャイン"、

月一の"千住真理子の恋するヴァイオリン"、

平日朝の"古楽の楽しみ"。

ここまではNHK・FMで、あとはJ-WAVEの、

"VINTAGE GARAGE"。

他はランダムに聴いています。


友人との待ち合わせ場所で、思わぬものに出逢ってしまいました。

手塚治虫の「ユニコ」。

幼い頃のユニコの記憶があるのかないのか、

よくわからないまま、

でも手にとって、鮮やかなオールカラーの絵の中にいるユニコを見てしまったら、

そのまま手放せないような気持ちになってしまったのです。

ハテナ???・・・になりながら、とうとう買ってしまいました。

思考回路ゼロ、単なる反応(衝動)のお買いものでした。

(旧 如月十日甲辰)
by raisinsand | 2015-03-29 20:17 | Comments(0)

it reminds me

c0038561_21195173.jpg

c0038561_212097.jpg

c0038561_21203013.jpg

c0038561_2120496.jpg

お花見の締めくくりに、

沖縄そばを食べました。

喧噪を離れ、家路につく頃、

余呉湖のことが思い出されました。

あののどかな余呉湖を訪ねたのは、

ちょうど昨年の今頃でした。

湖畔沿いの桜の木々は、まだ固く蕾を閉じていました。

あの桜並木が桜色に染まったら、

どんなにか素敵でしょう・・・

余呉湖のほとりに、あたたかな感じのするお店がありました。

そのお店でも、おいしい沖縄そばがいただけるのです・・・
by raisinsand | 2015-03-28 21:33 | Comments(0)

wild grape juice

c0038561_8193053.jpg

久しぶりにぶらりと出かけた元町の、

商店街の路地裏に、ひっそりと、

岩手の手仕事や食べものを扱う

ちいさなお店がありました。

遮光の小瓶、ラベルのデザイン、、、

効きそうな栄養ドリンクの佇まいに

なんとも惹かれてしまいました。

山ぶどうのストレート果汁のジュースです。

彼の地では知られた飲み物なのだとか。

今朝いよいよ開栓。

昨日から徐々に喉の痛みと頭痛が増幅、、、

身体が免疫システム支援を要請している気がするのです。

山のエナジードリンクを飲み干し、

さらに非加熱の蜂蜜もひと匙。

効いてくれそうな気がするのですが。

(旧 如月九日癸卯)
by raisinsand | 2015-03-28 08:39 | Comments(0)

halfmoon and stars

c0038561_21265867.jpg

今宵も澄んだ空、

駅からの坂道を上りながら、

春曇りや春霞の夜空からすれば、

満天(=満点)といってもいいくらい、、、と思いました。

上弦の月明かり、というのもいいものです。

夜空を、月と星たちとで、

ちょうど仲良く照らし合っている感じ。

月も惑星も星座も、

やさしげに見えました。

そろそろ、東京で働くとか、横浜に住む、

などという考えはやめにして、

地球に住んでいる、という気持ちだけでいけるといいな、、、

そんな想いが湧いてきました。

(旧 如月八日壬寅)
by raisinsand | 2015-03-27 21:35 | Comments(0)

oinari-san

c0038561_844267.jpg

しばらく作っていないな・・・

と気がかりだったおいなりさんを、今朝。

お揚げは昨夜のうちに炊いておきました。

久しぶりなおいなりさんに満足しながらも、

今年はひな祭りに桜餅食べていない・・・

とか、

お彼岸に牡丹餅いただかなかったな・・・

などということを、

まだ気がかりに思う朝です。

(旧 如月七日辛丑)
by raisinsand | 2015-03-26 08:51 | Comments(0)

warm meal

c0038561_8253513.jpg

「今だけの味だから」と、

母が実家の狭い庭に出てきた蕗の葉で、

佃煮を拵えてくれました。

瓶を開け、味を見てみると、

蕗の佃煮ってこんなにおいしかったっけ、、、

新鮮な驚きを感じました。

肌寒い朝、たまにはお粥もやさしくていいですね。

お粥の添え物、佃煮の他に、

明日葉の胡麻和えと、

春人参としらすのオリーブオイル和えです。

佃煮が主役なので、あとの2品は淡い味となるようにしました。

週末に向け、桜が楽しみになってきました。

「桜」という文字をみるだけで、

心が浮き立つようです。

(旧 如月六日庚子)
by raisinsand | 2015-03-25 08:36 | Comments(0)

6 sonatas and partitas for violin solo

c0038561_9172473.jpg

c0038561_917422.jpg

その音色は、

限りなくわたしのどまん中まで到達し、

響きわたります。

潤いと静けさがひたひたと満ちてきます。

徐々に追われるような、

気ぜわしさが戻ってきていますが、

このような時間を大切にしていきたいと、

あらためて感じさせてくれる音色です。

最近買い求めたばかりですが、

これはとても大切な一枚になりそうです。

(旧 如月五日己亥)
by raisinsand | 2015-03-24 09:26 | Comments(2)

in the room

c0038561_2105117.jpg

c0038561_2111345.jpg

c0038561_2113479.jpg

元金庫室、というその部屋は少しひんやりとしていて、

確かに、自家製のベーコンやサラミを熟成させるのに適しているようでした。

イタリア食材やワインを並べてお客さんが買い物できるスペースにし、

さらに熟成室も兼ねさせるなんて、、、

なんて素敵。

お昼ごはんのおいしさにすっかり上機嫌の友人と私と、

その元金庫室をしばらく出ることができませんでした。

壁には、カウンターの向こうで腕をふるっていたシェフの、

修業時代に撮りためたと思われる写真が、綺麗にコラージュされていました。

青い空と海、市場、数多くの魚介のプレートの写真。

私はシチリアはおろか、イタリアにさえまだ行ったことがないのに、

きっとあの人シチリア島にいたんだと、勝手に想像を膨らませてしまいました。

お花見にはまだ少々早すぎましたが、

楽しい一日でした。

(旧 如月三日丁酉)
by raisinsand | 2015-03-22 21:28 | Comments(0)

toward the void

c0038561_21242191.jpg

c0038561_21244118.jpg

白くてふうわりと咲くさまには、

物心ついたときから惹かれていたように思います。

今宵新月。

春分前夜。

想念を虚空に返して、

また巡りあいましょう。

(旧 如月朔日乙未)
by raisinsand | 2015-03-20 21:37 | Comments(0)