<   2014年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

Nov.-Dec.

c0038561_13572269.jpg

c0038561_13573525.jpg

c0038561_13574726.jpg

c0038561_1358083.jpg

c0038561_13581623.jpg

日を追うごとに

愛おしさが増していった11月。

あと少しだね、

さようなら。

ありがとう。

(旧 神無月九日乙巳)
by raisinsand | 2014-11-30 14:02 | Comments(0)

fig&sesami

c0038561_214777.jpg

スープもお味噌汁もない朝は、
鍋でたっぷりのチャイを沸かします。

お掃除しながら飲んでも、
洗濯ものを干しながら飲んでも、
朝ごはんのときのぶんがなくならないように。

秋のはじまりに煮たいちじくジャムの瓶を、少し手をつけたきりにしていたことを思い出し、
それ以来はまってしまったのが、フィグセサミ。

タヒニ(胡麻ペースト)といちじくジャムをよく練ってトーストに塗るだけなのですが、
いちじくと胡麻の相性、とてもよいのだなぁと感心しきりです。

c0038561_22113130.jpg

明日も晴れるかな。
晴れるといいな。

(旧 神無月六日壬寅)
by raisinsand | 2014-11-27 22:18 | Comments(0)

risotto

c0038561_8195512.jpg

菜花3本、
卵1つ、
残り玄米ごはん適量、
野菜ブイヨン適量、
オリーブオイル、
塩糀、
挽きたて黒胡椒。

露地物の菜花がいただけるなんて、やっぱりもう、冬なのですね。

くいしんぼうは、お腹のまん中から暖まるのがしあわせ。

(旧 神無月四日庚子)
by raisinsand | 2014-11-25 08:23 | Comments(0)

white on the wall

c0038561_2155727.jpg

c0038561_21554260.jpg

c0038561_21555521.jpg

いい空だなぁと思いながらの朝掃除。

ウィークエンド サンシャインの時間で、
ラジオをつけたらちょうど、
ピーター・バラカンさんが年末の特番の話を始めたところでした。
細野晴臣さんや矢野顕子さんなども参加されるそう。
楽しみな企画です。

昨日の冬じたく展でお隣させていただいた井口さん(Bloomさん)のドライフラワーリースを、
壁にかけました。

そういえば、と、
壁の一角のポストカードコーナーも入れ替えをしました。
以前友人からおみやげにもらった、
藤城清治さんの白い虹のポストカード。

冬の「白」。
これまで気づくことのなかったそのニュアンスを、
リースやカードが静かに語ってくれるような気がしています。
これから、少しずつ。

(旧 神無月朔日丁酉)
by raisinsand | 2014-11-22 22:27 | Comments(0)

carrot & ginger

c0038561_8232163.jpg

ワクワクすることがあると、
なぜかお腹もよく空きます。

朝ごはんには、
にんじんと生姜のポタージュ、
くるみ山食のトースト、
シナモンりんごジャム。

冬じたく展、明日です
c0038561_826054.jpg

(旧 閏長月二十八日乙未)
by raisinsand | 2014-11-20 08:28 | Comments(0)

around my shoulders

c0038561_20462773.jpg

もう冬はすぐそこまで来ているようです。
冬じたくは進んでますか?

このまえの晩秋のmaki で、
冬の間じゅう心強い相棒になってくれそうな、
大判のショールに出逢いました。

インドのヒマラヤの麓に住む村人たちは、
その綾織りの布をパンキーと呼ぶのだと教えていただきました。

しっかり織られた働きもの、という印象のパンキー。
試しに、すっぽりとその布にくるまってみました。
するとすぐに、やわらかく、はっきりとした温かさを、背中いっぱいに感じました。

その温かさにはかないませんでした。
その出逢いをなかったことにする勇気もありませんでした笑。

だからパンキー、
よろしくね。
c0038561_2046525.jpg

(旧 閏長月二十六日癸巳)
by raisinsand | 2014-11-18 21:12 | Comments(0)

maki in late autumn

c0038561_20294847.jpg

c0038561_20301436.jpg

c0038561_20303121.jpg

c0038561_2031389.jpg

c0038561_20312219.jpg

c0038561_20314499.jpg
c0038561_2032057.jpg

c0038561_20322281.jpg

晩秋の maki で、
まもなく冬がやってくることを知りました。

落ち葉舞うテラスでいただいたインドごはん。

ここでいただく度に思います。
あぁ、家でもやっぱりカレーやサブジ作ろう、と。

おいしさがとても家庭的だから、
すっとそんな気持が湧いてくるのでしょうね。

彼の地で人々が分かち合う温もりを、
衣やごはんで伝えてくれる。

ほんとうにすてきな場所

(旧 閏長月二十三日庚寅)
by raisinsand | 2014-11-15 20:46 | Comments(0)

...coming 2

c0038561_8381044.jpg

c0038561_8382954.jpg

今朝はよく冷え込みました。
澄んだ青空が眩しいです。

今朝のごはんは、
ゆり根のお粥です。

先日ゆり根をひとつ分けていただいたのを、ゆり根ご飯にしました。
その時のご飯を軽く一膳分、冷凍庫にとっておいていたのです。
湯を沸かしてストックご飯を軽く煮ただけですが、
ゆり根の甘みが感じられるやさしいお粥さんになりました。

べか菜とお揚げの煮浸し、
それかられんこん・ごぼう・にんじんのキンピラを
お粥にのせながら食べました。

冷え性としては、これからお粥さんの朝を増やしていきたいものです。
c0038561_8494438.jpg

昨夜、針金でフックをいくつか作ってみました。
冬じたく展のくつ下をひもで吊す予行練習です。

いよいよ来週です。
当日は、井口さんのドライフラワーリース&アクセサリーのお隣にくつ下の場所をいただくことに。
またどんな風になるか、楽しみです。

引き続き、よろしくお願いします。

(旧 閏長月二十二日己丑)
by raisinsand | 2014-11-14 08:53 | Comments(0)

winter is coming...

c0038561_7544337.jpg

c0038561_75533.jpg


冬じたく展サイトへ 

会場のfogさんのサイトにもご案内があります 

よろしくお願いします。

(旧 閏長月十六日癸未)
by raisinsand | 2014-11-08 08:00 | Comments(0)

home, local, traditional

c0038561_203266.jpg

発酵尽くしの朝ごはんと共にお休み明けの一日がスタートしました。

玄米ごはんは昆布を漬け込んだ日本酒(発酵!)と共に炊きました。
味噌汁、隼人瓜と人参の糠漬、納豆&刻みすぐき(全部発酵!)。
ごぼうと人参のきんぴらも、昆布としいたけの佃煮も、醤油糀で味付け。
海苔以外のお皿は発酵の力が及んでいます。

連休は、少々風邪っぽい身体で実家に帰り、
のんびりごはんをつくって家族と食べたり、縫い物をしたりしておとなしく過ごしました。
たまには・・・とテレビをつけてみたら、ある番組に釘付けになりました。
もともと中国料理好きということもあり、興味津々で見始めたのですが、、、
コウケンテツさんが中国・雲南のさまざまな民族の家族を訪ね、
その家のお母さんに料理を教わったり、家族で食卓を囲んだり、、、という内容でした。

雲南のひとびとが昔から大切にしてきた料理で、コウケンテツさんをもてなす家族、
そしてもてなされるコウケンテツさんとの心の交流。
感動して、わたしまで涙してしまいました(コウケンテツさんの涙とほぼ同期して私の涙腺も)。
それぞれの土地で、さまざまな発酵食が受け継がれていることにも、とても感動しました。

そして思ったのでした。
やっぱり郷土食、伝統食、発酵食!

朝ごはんのきんぴらや佃煮は、母が作って持たせてくれたものです。
隼人瓜と人参の糠漬も。

発酵が生み出す滋味をしみじみと味わいました。

今朝は郵便局で用事を済ませてから出勤しました。
普段通らない郵便局そばの公園でも、木々が色づき始め、青空に映えていました。
深まる秋がより身近に感じられました。
c0038561_20431066.jpg


(旧 閏長月十二日己卯)
by raisinsand | 2014-11-04 20:47 | Comments(2)