<   2013年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

sunny green charge

c0038561_7355848.jpg

BREAKFAST LUNCH TEA
ROSE BAKERY 
という本は、
私にとって画集か写真集のようなもの。
ふと思い出し頁を開いては、写真に見入りレシピ(解説)を読みふけり、、、

その中のレシピ、クラシック・バナナ・スムージーは以下の材料で作るとあります。
1 banana
1 teaspoon honey
2 tablespoons apple juice
125ml cup natural yogurt or soya milk

暑い休日の朝、久しぶりにスムージーを朝食にしようと思いました。

そういえば昨日の朝、納豆に混ぜようとさっとゆがいたモロヘイヤが少し残っていたなぁと、
上の材料に加えてみました。
それからリンゴジュースをレシピより少し多めに。

モロヘイヤは、暑くなるほど土の上で元気そうに生命エネルギーを蓄える植物のように思います。
ゴーヤもそんな植物かな。
この夏は意識して少しずつでもそんなグリーンを朝食に取り入れるようにしていました。
暑い夏と調和して暮らすためのオマジナイ・笑

秋は甘くて瑞々しい果物。
そして甘く瑞々しく暮らそう・笑

(旧 文月二十五日己巳)
by raisinsand | 2013-08-31 08:01 | Comments(0)

an accident

c0038561_22291064.jpg

些細なことだったかもしれないし、
些細ではないことだったかもしれません。

思いも寄らぬタイミングで起きたことだったから、
仕方ないことだし、
仕方ないようにならずに通り過ぎる道も選べたかもしれません。

それをかなしんでみても、
わらってみても、
与えられた時間の長さは伸びも縮みもしないでしょうね。

だったら、振り返るより前を見て。

何もないより、あるほうが面白いでしょう?
ちょっとは賢くなったかもしれませんよ。

(旧 文月二十三日丁卯)
by raisinsand | 2013-08-29 22:42 | Comments(0)

pesche al vino

c0038561_2052025.jpg

赤ワインに桃のゼリーを浮かべて、
今夜も、食前酒(+ささやかなスイーツ)でほっとひと息つきました。

これで落ち着いてから、夕食の支度に入ります。
あるいは、夕食の支度の続きに。

日中の集中から気持を緩めるための「何か少し」が必要です。
そうでないと流しやガス台の前でも集中モードの続きになってしまう・・・
硬くなってしまった首筋や背中は、
早く緊張から解放されたがっているのに!笑。

このところ、スイーツのいただきものが重なりました。
大好きなバウムクーヘンやゼリーなど。
きちんと甘いお菓子に酸もタンニンもしっかりあるワインを合わせてみたらどう?
と試してみたら、そのままはまり込みました。

食前にささやかな楽しみを味わって、
食事はほどよく塩気のある温かなものでしめくくる、という流れが、
何となくお腹の収まりもいい気がしています。
気のせいかしら・笑。

(旧 文月二十二日丙寅)
by raisinsand | 2013-08-28 21:27 | Comments(0)

baumkuchen

c0038561_8115379.jpg

”若き日の願いは 年老いてのち 豊かに満たされる”

二十歳頃読んだゲーテの「詩と真実」。
もうどんな内容だったか思い出せません。上の言葉を除いて。

当時読みながら、どんな気持で上の言葉を心に刻んだことでしょう。
余程の想いで深くはっきりと、褪せてしまわぬよう刻んだものと思われます・笑

明日8月28日はゲーテの誕生日です。
先日は、毎年ユーハイムが開催しているゲーテの詩 朗読コンテストを聴きに行ってきました。
知人の出場がきっかけで行き始めたのですが、
毎年違った感動を、そのコンテストから受けてきます。

このところは、審査員の評を聴くのが大きな楽しみになっています。
(もしかしたら詩の朗読よりも?笑)

故 宮下啓三先生のお話を聞けなくなったことが残念でしたが、
お弟子さんでいらした関口裕昭氏が今年いらっしゃって、
どのような経緯で審査委員長を引き継がれたかというお話をしてくださり、
それがまた本当に良かったです。
月沈原(ゲッチンゲン)、私も旅してみたくなりました。

(旧 文月二十一日乙丑)
by raisinsand | 2013-08-27 08:39 | Comments(0)

within 10min.

c0038561_755862.jpg

部屋への陽の差し込み方やその色が、変わってきたように感じます。

この涼しさでもう蝉は鳴かなくなってしまったの?・・・
一瞬そんなことを思いながら、朝ごはんとお昼のサンドイッチの支度を始めたのですが、
そのうちミンミンゼミのおなじみの暑苦しいような声(笑)が聞こえてきました。

妙蓮寺駅からすぐのところのパン屋さんの山型食パンやグラハムブレッドが気に入って、
それからは仕事の日のお昼といえばサンドイッチ。
まだしばらく飽きることはなさそうです。

お昼の支度には10分と時間をかけません。
パンが美味しければ、挟むものはシンプルで十分。

このところ凝っていたのが、ふきのとう味噌タヒニ&胡瓜。
春先にまとめて作っていたふきのとう味噌、小分けにして冷凍ストックにしていました。
ふきのとう味噌1に対して、タヒニ(白胡麻ペースト)を2の割合。
合わせてスプレッドにし、グラハムブレッド2枚にたっぷりと塗ります。
縦にスライスした胡瓜をその1枚に並べ、もう一方で挟んで出来上がり。
ふきのとう味噌のストックが終わるまで、これが続きました。

味噌は和のテイストなのだけど、今は欧米の料理人にも注目のフレーバーだと聞きます。
パンのスプレッドに味噌フレーバーも違和感ありません。
おまけに味噌は優れた発酵食品。
身体の元気の源になってくれているような気もします。

今朝は、先日フレッシュな生姜をたっぷりおろして生姜味噌にしておいたものをアレンジ。
よく熟したアボカドをフォークで粗くつぶし、
その生姜味噌とマヨネーズ少々で和えてスプレッドにしました。
これをパンの2枚にたっぷりとのせる感じで塗り、やっぱり胡瓜もスライスして挟みました。
夏が行ってしまうまで、味噌+胡瓜アソビ続けてみたいなぁと思います。

(旧 文月二十日甲子)
by raisinsand | 2013-08-26 08:38 | Comments(2)

ripe berries

c0038561_8171275.jpg

ブルーベリー摘みに行った方のお裾分けをいただきました。

枝の上ですっかり熟したベリー。

口の中ではじけると、爽やかな甘みがひろがります。

最近観た北欧映画の中で、
十字軍の遠征の末、疲労困憊で帰途にある騎士が、
行きずりの旅芸人夫婦に、
大きな器に山と積まれたベリーと、新鮮なミルクでもてなされるシーンがありました。

印象に残るシーンでしたが、
ベリーは、ベリーだけでもてなしに値する素敵な食べものなのだなぁと、
今朝あらためて納得です。

(旧 文月十九日癸亥)
by raisinsand | 2013-08-25 08:46 | Comments(0)

mystery

c0038561_23134548.jpg

冬眠ならぬ夏眠に明け暮れた週末が明けての月曜日。
今夜は夕食を途中で済ませて帰ることにしました。

前菜の盛り合わせをつまみながら、
あと何を食べよう・・・とあれこれ迷って決めたひと皿。
それは南瓜とゴルゴンゾーラのニョッキでした。

とても美味しく、このひと皿を選んでよかったなぁと満足して帰ってきました。

なかなか食べる機会の少ないニョッキですが、
以前にも一度、ニョッキのひと皿に感激したことがあります。

長野・松本を訪ね、昼食をパスタ河越というお店でとった時のこと。
その時もニョッキを選びました。

そういえば、私の人生において、初ニョッキは小学生の頃にまで遡ります。
(ん?このこと、以前にも書きましたっけ・・・笑)
手にした料理本に「じゃがいものニョッキ」なるものの作り方が書いてありました。
ニョッキって何?
じゃがいもと粉で作るの?
フォークを使って形作るの?
と好奇心一杯で作ってみようと決意し、母の手を借りながらニョッキ作りしました。
まな板に打ち粉をしてスパゲティ用のフォークで生地を転がして、、、
茹でたニョッキをどんなソースで和えて仕上げたのか、
もう記憶は定かではないのですが、
出来上がったニョッキはどうしても好きになれなくて、
ひと口ふた口食べて、残りを母に押しつけてしまいました。

それ以来、、、でしたが、
今夜といい、ニョッキの美味しさに目覚めています・笑。

私が作ったニョッキは、
・レシピ通りではないものが出来上がっていたのか。
・そもそも当時のレシピが今ひとつだったのか。
・ニョッキに私の嗜好が伴っていなかったのか・・・。

謎が深まりつつあります。

(旧 文月十三日丁巳)
by raisinsand | 2013-08-19 23:41 | Comments(0)

closed

c0038561_9275481.jpg

本日お台所は休業することにしました。

そういう日もたまには、ね・笑。

(旧 文月十二日丙辰)
by raisinsand | 2013-08-18 09:32 | Comments(0)

summer holiday brunch

c0038561_10554487.jpg

幸いなことに(?)、なかなかまな板の上にあげてもらえず、
ひっそりと出番を待っていた食材がいくつか冷蔵庫にありました。

昨夜は夕食もそこそこに眠ってしまったせいか、
目覚ましをかけない週末にも関わらず、空腹時計が起こしてくれました・笑。

この夏は、食事を1回抜いただけでも身体に響いてしまうことを感じています。
よぅしと思い、ご飯がすすみそうなおかずを数品拵えることにしました。

お揚げと獅子唐の土佐和え
・鍋で細削り節と刻んだお揚げをそれぞれ乾煎りしておく。
・ざく切りした獅子唐を油少々で炒める。
・上記を合わせて醤油を回し、仕上げに白すり胡麻をまぶす。

揚げ茄子にたっぷりの茗荷
・醤油糀を添えて

ゴーヤー・トマト・パセリのサラダとゆで卵

ごぼうと人参のきんぴら
c0038561_10561991.jpg

はと麦ともちきび入りのご飯を炊きました。
お味噌汁はふのりとオクラ。

さて。
夏の週末=夏休みの続き、といきましょうか・笑。

(旧 文月十一日乙卯)
by raisinsand | 2013-08-17 11:44 | Comments(0)

the night air

c0038561_21132230.jpg

夜風が気持ちよくなってきました。
真夏から晩夏への移行が始まっているようです。
嬉しいけれど、でもまだ今年も寂しい気持のほうが勝っているみたい・・・
そんなことを心の中でつぶやいてしまいました。

今週は、毎朝仕事に向かう妙蓮寺駅への道、
菊名池公園プールにむかうたくさんの子供たちとすれ違いました。

サングラスに麦わら帽、Tシャツに短パン代わりの水着、
もちろん足元はビーチサンダルという出で立ちのおじいちゃんに連れられている子達、

おとうさんおかあさんに連れられて、
浮き輪を腰にそのままプールに飛び込んでいきそうな勢いのはしゃいだ子達、

楽しそうな子達の傍を通り抜けるだけで、私まで楽しげな気分になりました。
思い出も蘇ってきました。
毎年夏休みと言えば、開放感全開。まっくろに日焼けしながらプールや海に通ったっけ。

お盆休みをしている人が多いせいか、街もいつもよりリラックスムードでした。
そんなムードにつられてか、どちらかと言えば追われるような忙しさの中でしたが、とても気楽でした。
この精神状態、なんとかキープできないものかしら・笑。

(旧 文月十日甲寅)
by raisinsand | 2013-08-16 21:47 | Comments(0)