<   2013年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

from the oven

c0038561_151328.jpg

甘酒レーズンスコーンを焼きました。

もう何年も前に、甘酒スコーンのレシピを見かけてこれは作ってみたいなと
紙切れにメモして、ファイルに入れていたつもりでした。
それが、いざ作ろうとその紙切れを探しても見つからない、、、
でももう気分は甘酒スコーンなの、、、
ということで、以前作ったことのあるレシピをベースにお試ししてみました。

//ドライ
地粉200g
ノンアルミB.P. 7g
海の塩2g
シナモンパウダー2g
アーモンドスライス70g (手で軽く握りつぶして粗めなチャンクに)
レーズン50g

//ウェット
菜種油60g
甘酒90g
水10g~(生地に合わせて調整)

ドライ材料の粉類をボウルに入れ、泡立て器でよく混ぜ合わせます。

粉がまじり合ってふんわりとしてきたら、アーモンドとレーズンを加えます。

さっと混ぜたら、その中にウェット材料を回し入れます。

生地を手早く切るようにへらで混ぜていき、
ひとまとめにしたらラップをかぶせて5分ほど生地を休ませます。

生地をオーブンペーパーの上に載せ、手を使って均一な厚さにしたら切り分けます。

それらを、間隔を作って並べたら、200℃で15分を目安にあとはオーブンにお任せ。

オーブンからただよう甘く香ばしい匂いのもとは甘酒の糀です。
クロテッドバターとジャムをのせるオーソドックスなスコーンも大好きなのですが、
そのままざくざくと食べてしまうこちらも、魅惑のお茶のお友です。

レシピの中でいろいろなものが適当に置き換わっているのですが、
悪くない仕上がりなので、こちらにメモしておくことに。。。

(旧 皐月二十二日丁卯)
by raisinsand | 2013-06-30 16:05 | Comments(0)

salad and cracker

c0038561_2322645.jpg

手をかけすぎたものより、そのままのほうがほっとします。

素材に対してある程度エネルギーを使うと、そこで満足してしまい、
手をかけるところまで行き着かない、
というところが私にはあるのかもしれません・笑。

今夜はそれにしても力の抜けたひと皿で済ませてしまいました。
上のことは、たべものに限らない話のつもりですが・・・笑。

いつも信頼の置いている農家さんの紫玉葱がとっても甘いサラダ、
その上にタヒニを使ったソース、
その手前は南部せんべい!笑
南部せんべいは芽吹き屋のもの、おいしいです。

東北出身の母の影響か、子供の頃からおやつに食べる機会がありましたが、
大人になってから、バターを添えるとワインにも合うと言う話をきいたり
いろいろしているうちに、おやつの枠を超えた食べものになりました。

南部せんべいも、生地が甘めでさくさくしたクッキータイプと、
昔ながらの塩気を感じる生地がパリッとしたクラッカータイプがありますね。

子供の頃は、南部せんべいだよ~と言われて差し出されるものが
クッキータイプだと嬉しく、クラッカータイプだとがっかりでした。

今はどちらも嬉しいです。
クッキーならおやつにするし、クラッカーなら今夜のように食べてしまう・笑。

いつも家にあるという訳では全然ないのですが、
忘れた頃にふとまた食べたくなってしまうもののひとつです。

(旧 皐月二十一日丙寅)
by raisinsand | 2013-06-29 00:28 | Comments(2)

white moon

c0038561_102249100.jpg

昨日の月、見ましたか?

私は、暮れなずむパステル色の空に満つる月を見ました。
まだ天高くのぼる前。
白く大きく、透き通るように輝いていました。

今日は満月ですね。

さて、すこし早めのお昼ごはんです。

卵とじゃがいものサラダ。
ディルが欲しいところですが、手元にある青紫蘇を細く刻んで混ぜました。

それから、サルサお揚げ。
c0038561_10225699.jpg

和の調味料で仕上げたサルサは、
刻みレタスとツナと使ってごはんにのせて、タコライスにするつもりでいました。

サルサに使う野菜は、トマト・胡瓜・紫玉葱、それとアボカドです。
刻んだものを、玄米味噌・梅酢(この2つが塩分)・レモン汁・オリーブオイルのソースで和えます。

昨日、買い出しの通りみちにある平翠軒で、
京都のお揚げさんと目が合いました。
厚みがあって、四角い形の縦横比もこの辺りで見るのと違います。
焼いて食べたらおいしそうと買ってみました。

焼き色こんがりのお揚げとサルサ。
夏らしいひと皿になりました。
これはお好みの飲み物と合わせましょうね・笑。

(旧 皐月十五日庚申 満月)
by raisinsand | 2013-06-23 11:25 | Comments(0)

maintain and strengthen

c0038561_9385749.jpg

もちきびを混ぜた七分づき米、
韮の味噌汁、
よもぎ麩・椎茸・玉葱のジンジャーソテー、
隠元のナッツ味噌和え、
しらすおろし。

朝ごはんです。

生姜は、香りがとても好きで、消化器系の働きを高め気の巡りをよくしてくれるので、
この季節は特によく使います。
あと、スタミナの素にもなる胡桃やアーモンドなど、ナッツ類も食事に取り入れるよう意識しています。

ここ数年、梅雨から本格的な夏の始まりにかけて、急な体力低下を感じてしまいます。
先週あたりから、それがひたひたと迫り来る気配が。

こうなるとまずは食事から、、、とくいしんぼうは思います。
疲れてしまったり、無性に悲しい気持になってしまったときも、
ひとたび呼吸をおいて何かを口にすれば、じんわり生きる力が湧いてきたりするものです。

朝がしんどい・・・となったときも、とりあえずおいしく朝ごはん!となるわけです・笑。

(旧 皐月十四日己未)
by raisinsand | 2013-06-22 10:52 | Comments(0)

the solstice

c0038561_8241341.jpg

涼しい朝です。

今日は夏至。

(旧 皐月十三日戊午)
by raisinsand | 2013-06-21 08:27 | Comments(2)

islands

c0038561_8202852.jpg

台風のような風が吹いています。

昨夜から気温が高く湿度もあって、
ここが太平洋に面した島国であることを十分に感じさせてくれます。

先日、書店で島旅をテーマにした雑誌を見かけ、ぱらぱらと立ち読みしました。

奄美大島や沖縄、小笠原や瀬戸内の島々に混じって、
隠岐諸島の中の島のひとつが取り上げられていました。

隠岐島を旅できるんだ・・・私には新鮮な驚きでした。
よく持ち歩いている一枚のポストカードの隠岐島を思い浮かべながら、
何度もそのページを読み返し、
ついには、その雑誌を買うことになってしまいました。

そろそろ島旅必要?
そんな気持にすらなりました。

(旧 皐月十一日丙辰)
by raisinsand | 2013-06-19 08:43 | Comments(0)

sweet water

c0038561_814010.jpg

今年は、たわわに実った枇杷の木をよくみかけました。

小粒の枇杷をいただきました。

爪を使いながら皮をむき、したたるような瑞々しい実を口に運ぶと、
淡い香りと甘さが。
とてもやわらかな砂糖水を口に含んだ感覚です。

子供の頃、不器用な指で皮をむきながら、食べても大きい種ばかりが気になる枇杷は、
あまり好きではありませんでした。
今は、枇杷に季節感や日本的な奥ゆかしさを感じます。

そういえば、もうだいぶ前から近所の庭先で石榴が咲いています。

石榴の実こそ、粒が小さく種ばかりで、子供にとっては酸っぱいばかりでしたが、
石榴くらい珍しくなると、その石榴が食べられると言うだけで嬉しかったな・笑。

(旧 皐月十日乙卯)
by raisinsand | 2013-06-18 08:26 | Comments(0)

berries in june

c0038561_19593294.jpg

雨が降り、さらに深まった緑が沁みてきます。

純度の高そうな、透き通るような赤い点が、
ぽつ ぽつ と
緑の絨毯の上に置かれているのを見ると、
それだけでなんとなく嬉しさがこみ上げてきます。 
c0038561_2001443.jpg

ラズベリーやこけもも、ブラックベリー、それからブルーベリー、、、
これからですね。
もし庭を持てたら、初夏のベリーが摘める樹は必ず植えるだろうな。

降りしきる雨音や、雨の後の湿度を受ける身体は、
他の季節よりも毎朝のエンジンのかかりが鈍くなるような気もするけれど、
そのことと関係があるのか、
他の季節よりも身体が珈琲を受け入れてくれます。
飲み物の選択肢がひとつ増えるのはちょっぴりお得な気分・笑。

じんわりと汗のにじんだ額や首筋で、
そよ、と風が吹き抜けていくのを感じるのも好き。
それから、深呼吸した時、肺がとてもラクチン。

週末のゆったりとしたひとときを取り戻して、
この季節の好きなことも思い出して、
そしてまた明日が始まります。

好きになったり、すこし嫌いになったり、、、
そしてふたたび好きになれれば、
それでいいかな・笑。

(旧 皐月八日癸丑)
by raisinsand | 2013-06-16 20:59 | Comments(0)

radio

c0038561_10162166.jpg

窓を開け放してラジオをつける朝が好きです。

震災以来必然的にラジオを聴くようになりましたが、
今では、朝寝坊して楽しみにしていた番組を聴き逃してしまうと、
残念に思ってしまうほど、ラジオが生活の一部になっています。

今、ラジオ人口は全体の6%ほどと聞きました。
確かにそうだろうなぁとも思います。

私にとっての朝ラジオは、ささやかな旅のようなものです。
数百年も昔に作曲された音楽が、同じ時代につくられた楽器によって奏でられる。
耳を傾けていると日常をふっと忘れ、時空間の枠が消え去るような感覚がやってくることがあります。

あるいはノスタルジー。
初めて聴く曲なのに、深く懐かしさをおぼえてしまう曲に遭遇することがあります。

はまり込んでしまって、もし自分に前世というものがあったなら、その土地に暮らし、その文化の中に生きたのだろうか、なんて風に途方もないような想像を巡らせて楽しむこともあります。

今のところ、平日は古楽の楽しみという番組を聴いています。
ローテーションで週毎に担当者が替わり、
それぞれの視点で選んだテーマの中から選曲される音楽は、聴いていて楽しいです。
大塚直哉さんや関根敏子さんの週は特に、寝坊すると残念になってしまいます・笑。

毎週金曜は、リスナーのリクエストだけを流してくれるのですが、その日はさらに楽しみ。
リクエストされるに相応しいな、と思える曲ばかりを聴けるから。
月曜、古楽の楽しみの後、仕事に出かけるまで聴くキラクラもやっぱり楽しみ。
BGM選手権、とか、いろいろ面白いことをやっている番組。
笑いながら、そろそろ仕事遅れてしまう!と家を飛び出すようなこともあります。

土曜の朝は、ピーター・バラカンさんの番組からはじまります。
飾らなく率直であたたかさも伝わってくるコメントとともに、世界の様々なシーンの音楽を旅するような気持で楽しみます。

ラジオの楽しみ、といっても、なかなかそうだね〜とか言いあえる人がいないかな、と思っていましたが、
最近、キラクラ聴いてるよ、あれ面白いね〜という人を身近に発見して、少し嬉しくなりました。

(旧 皐月七日壬子)
by raisinsand | 2013-06-15 10:15 | Comments(0)

after the dream

c0038561_7552717.jpg

たくさんの夢ばかりを見て目覚めました。

奇想天外なことに混じって、そっと深くに押し込んでおいた考え事の片鱗が意外な展開を見せたり。

なぜか明日引っ越すことになっていて、それを慌てて大家さんに取り消しますと言いに行ったり。

夢の中で絶えず忙しくしていましたが、今朝はいつもよりも目覚めがよいぐらいです。
ふしぎな気分・・・笑。

(旧 皐月六日辛亥)
by raisinsand | 2013-06-14 08:07 | Comments(0)