<   2013年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Hale & Ke

c0038561_8325973.jpg


玄米に生姜じゃこふりかけ、
ほうれん草と人参のタヒニソース、
醤油糀のきんぴら、
昆布椎茸煮、
おとうふ揚げ、
蜜柑。

本日もジミ弁・笑。

日々の ケ を過ごすのを、
とても大切に思っています。

ハレとケのコントラストが、喜びの素だと思うから。

ケの愉しみを学び、
ハレの喜びを享受する。

結局、よくばりということなのでしょうか・笑。

(旧 睦月十九日乙丑)
by raisinsand | 2013-02-28 08:33 | Comments(0)

hometown

c0038561_19384753.jpg

この週末もまた、静岡でした。
家を空け過ぎかなぁと思いながらも、つい。

実家のある清水町(三島と沼津の間にある小さな町です)に行く前に、
久しぶりの伊豆高原へ。
c0038561_1944191.jpg

不思議と、軽さと明るさを回復させてくれる土地なのです。

大室山、
青い海、
それからむこうにのぞむ伊豆の島々。

伊豆高原の景色と心がひとつになれるとき、
解放される思いがあります。
c0038561_20245939.jpg

伊豆高原から沼津へ。

つい立ち寄りたくなる場所があり、
つい会う約束をしてしまう友人がいる土地です。

風も穏やかだから、千本浜寄って行こうか。
友人が誘ってくれました。
千本浜を前にすると、なぜか本音が出てきてしまいます。
頼りない私の言葉に対して友人の言ってくれたこと。

「まだ東京や横浜に根づいていないんだね」

(うん。そういうことですね。)

「根づくときにはね。自然と根づくものなんだよ」

(ほんと、そうだね。ありがとう)



(旧 睦月十六日壬戌)
by raisinsand | 2013-02-25 20:25 | Comments(0)

priority

c0038561_9304286.jpg

よく暮らし
よくあそび、
よく働こう。

なかなかムズカシイことだから、
改めてコトバにしてみました・笑。

(旧 睦月十四日庚申)
by raisinsand | 2013-02-23 09:30 | Comments(0)

the sun

c0038561_22555591.jpg

寒いですね。

この寒さと引き換えの澄み渡った空。

今宵も真冬らしいような星月夜です。

駅から少し離れた坂道に差し掛かると、辺りの闇が闇らしくなってきて、
自然と空を仰ぐような姿勢で歩くことになります。

軽く酔ったせいで、坂道を重力に逆らうような感じになりながら、上ばかり見て。
真闇に星々が煌めき、
真闇を月が煌々と照らし出す。

月灯りがとてもとても強くて、
それはやはり太陽の片鱗なのでした。

空、という無限と、
太陽、という光源の一点のコントラスト。
眩し過ぎるくらいなのもきっと、この短い季節ならではです。

もっともっと、光。
心の声です・笑。

(旧 睦月十二日戊午)
by raisinsand | 2013-02-21 23:57 | Comments(0)

lotation

c0038561_9174569.jpg

昨夜、ふと寝る前に思い立ちました。
そして、ベッドのそばに置いていた地球儀と、
それから玄関に置いていた、沖縄や小笠原の海で拾い集めた貝殻を、
テーブルサイドに持ってきました。
貝殻たちは、埃を被ってしまっていたので、ひとつひとつ洗って拭いて、硝子のお皿に並べ直しました。

今朝目覚めてから、はじめてテーブルのほうに目を遣ったとき、
昨夜の行動の効果に密かな満足をおぼえました。

貝殻たちのなめらかな表面を反射する弱々しい朝陽。

そう言えば、エストニアってどこだったかな、、、

先日図書館から借りた、梨木香歩さんの「エストニア紀行」を通勤電車で読みはじめたところです。
エストニアがどんな形でどんな位置にあるのか、気になっていたところでした。

朝のひとときが少しだけ、明るくなりました。

(旧 睦月十一日丁巳)
by raisinsand | 2013-02-20 08:59 | Comments(0)

fried brown rice

c0038561_7461117.jpg

今日のおべんとうです。

フライド・ブラウンライス(しゃけ、たまご、プチヴェール)、
ほうれん草お浸し、
にんじん・ヤーコンの胡桃きんぴら、
蜜柑。

c0038561_7471280.jpg

一度冷凍したごはん、炒めたり、リゾット風にしていただくことが多いです。
そうでない時は、電子レンジを持たないのでセラミックの厚手の鍋で蒸し温めます。

炒めごはんというと、父のむかし話を思い出します。
それは、私が子供で父もまだ若かった頃(笑)、
週末の昼などに家族でチャーハンを食べながら聞いたような話。

昔はほんとうに質素で、チャーハンと呼ばず炒めごはんと言ってね、
油でご飯を炒めて、お醤油をまわして、せいぜい卵が入っていたかなぁ、、、

子供だった私はうらやましいと思いました。

野菜が好きでなかったので、
ねぎやら細かく切ったピーマンなどが入っていないチャーハンがいいのにと思いました。
母は何でも具だくさんにしたがるので、うっとうしいなぁと思っていました・笑。

そう言えば、炊きたてのご飯さえあればよいと思っていました。

肉は、とりならば食べたいと思う、、、卵は火を通せば好きだったかな。
魚は骨がのどに刺さるのが怖いし、生のものは食感が気持ち悪いから嫌でした、、、

、、、それが今では。
変わるものです・笑。
c0038561_7471866.jpg

炊きたてのご飯はオージャス(生命エネルギー)が最高に満ちているそうです。

あの頃は本能だったのかしら、、、と思いながら、
今はさまざまな食材を取り合わせて食事を楽しめることに感謝しています。

(旧 睦月十日丙辰)
by raisinsand | 2013-02-19 08:14 | Comments(0)

at my feet

c0038561_8342983.jpg

いっしようけんめいになって探してしまいそうになることも、
未だあります。

それでもいつの頃からか、
立ち止まって深呼吸できるようになりました。

それは不意にやってきて、
寄り添うように優しく微笑みかけてくれることを、
信じられるようになりました。

だいじょうぶ。
安心していこうね。

週のはじまり。
自分に贈ってみるコトバです・笑。

(旧 睦月九日乙卯)
by raisinsand | 2013-02-18 08:20 | Comments(0)

team rabbit

c0038561_8554039.jpg

おはようございます。

夢から醒めようというとき、遠くに鶯の声を聞いたような気がしました。
春が近いような陽射しが雲間から降り注ぐ朝です。

今年も飾りました。
もう何年ご登場いただいていることでしょう。
彼らは私にとって、相棒のような存在です(卯年・笑)。

(旧 睦月七日癸丑)
by raisinsand | 2013-02-16 08:55 | Comments(0)

soup friday

c0038561_833325.jpg

今朝はロマネスコのスープを拵えました。

好きな素材で拵えるスープは、金曜日の朝にぴったりです。
月曜から少しずつたまっているつかれのこと、それから、週末もうごきたいなぁとか、、、
そのためによいこと・笑。

c0038561_844978.jpg

ロマネスコ。
曼陀羅か、フラクタルか、宇宙を表しているのか、、、
眺めるほどに、不思議な気持ちになる野菜です。

カリフラワーの仲間でしょうか。
ロマネスコはカリフラワーよりも香りが濃厚。
好きな野菜のひとつです。

今日はスープになって、その摩訶不思議な形は溶け去ってしまいましたが、
そのスープには、軽く火を入れた卵と、
それからちぎったバターも。栄養も満点です。
c0038561_8846100.jpg

(旧 睦月六日壬子)
by raisinsand | 2013-02-15 08:30 | Comments(0)

winter rose

c0038561_8593139.jpg

クリスマスローズが咲いています。

まだまだ寒いので、
地面の近くにうつむいて、
ひっそり咲いています。

私は毎年、その姿に心を打たれてしまいます。

素直でひたむき、それに美しくて。

寒さが緩むまで咲き続けます。
背筋をすっと伸ばして、
ローズの名をもつにふさわしい姿に変身してゆきます。

c0038561_8593373.jpg

(旧 睦月四日庚戌)
by raisinsand | 2013-02-13 08:49 | Comments(0)