<   2012年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

new year's eve

大晦日を迎えました。

おせちの準備も、短期間ながらそれなりに捗りました。
母との役割分担も、すっかり形になってきたようです。
一昨年より昨年、昨年より今年と、いろいろな改良点も見つかって、
おせち作りがさらに楽しくなってきました。
だからと言って、ちょっと気を抜いてしまうと、失敗もあります。

丁寧に、ゆっくりと、、、です。

《昨日まで》
黒豆煮、
酢蓮根、
紅白なます、
スモークサーモンの大根巻、
如意巻、

《今朝は早起きして》
一番だし(伊達巻とお煮しめ、お正月二日目のお雑煮に使います)、
伊達巻、
田作り、
きんとん、

《これから午後にかけて》
お煮しめ、
たたき牛蒡、

明日の初日の出、晴れますように!

(旧 霜月十九日丙寅)
by raisinsand | 2012-12-31 11:28 | Comments(0)

twenty twelve

今日は仕事納めでした。

今、帰りの電車の中です。

なんだか、ずっと駆け回っていたような一年でした。
昔見たアニメ、未来少年コナンって言ったかな、、、
あの男の子みたいに・笑。

学びの一年でした。

今年のお正月明けからはじまって、
見たこともない高い壁が突きつけられるような場面に、
一度ならず遭遇しました。

学んだ、というのは、その目の前の現実を決めるのは、
自分の心なのだということ。
その壁がどんな意味を持っているのか、
自由に決めればいいのだということです。

つらいことは、そのままつらさとして味わいました。
その味は、つらくはあっても苦いばかりでなく、
むしろ、これまで自分が知らなかった新しい味わいを持っている、
ということにも気づきはじめました。

これまで積み重ねてきた出会いと、
新しい出会いに支えられて、
2012年を過ごしてきました。

ヨカッタ、ヨカッタ、、、笑。

今宵満月。
こんなことを書いていると、
みんなの笑顔が恋しくなってきます。

ありがとうございます。

これからもどうぞよろしくお願いします。

(旧 霜月十六日癸亥)
by raisinsand | 2012-12-28 18:10 | Comments(0)

she said in the magazine

年末が近くなると、おせちの準備のこととか、気になりはじめます。

数年前、図書館から借りた有元葉子さんのおせちの本から作りたい料理のレシピを書き出し、
毎年、そのメモを頼りにおせち作りをしていました。

先日、たまたま書店に積み上げられていた「きょうの料理」と目が合いました。
有元さんのおせちのレシピが特集に組まれていたので、
なんとなく買ってみることにしました。

その雑誌の中に、こうじ屋さんの浅利妙峰さんという方のインタビューがありました。

その彼女の言葉、思わず手帳に書き取ってしまいました。それは、

1.自分の本当の気持ちを自覚し、尊重して心から納得できる決断を下す能力。

2.衝動を自制し、不安のようなストレスのもとになる感情を制御する能力。

3.目標の追求に挫折したときでも楽観を捨てず、自分自身を励ます能力。

4.他人の気持ちを感じ取る共感能力。

5.集団の中で調和を保ち、協力しあう社会的能力。

すごいな、と思いました。

理をととのえるのがお料理ですものね。

作ること、食べること、生きること、
大切にしていきたいなとあらためて思うのでした。
by raisinsand | 2012-12-24 18:29 | Comments(0)

Honigkuchen

c0038561_11504215.jpg

昨冬旅したハンガリーやチェコのことを思い出しながら、
素朴なケーキを焼きました。

訪ねた街々の広場には、クリスマスマーケットが開かれていました。

クリスマス用の手づくりの置物やオーナメント、
陶器やキャンドル、
グリューワインやホットハチミツ酒、
マジパンのお菓子などなど、
落ち着いたぬくもりのある屋台には、
さまざまな品物と、にこやかな笑顔がありました。

きらびやかな、大きなマーケットもありましたが、
郊外のちいさな街の、こじんまりとした素朴なマーケットがとても気に入りました。
また訪ねてみたいな。

Honigkuchenというドイツ菓子のレシピ、
まだ私が高校生だった頃読んでいた雑誌から切り取ってスクラップしたまま、
一度も試してみたことがありませんでした。

たっぷりのハチミツ、刻んだ木の実、スパイスのケーキです。
c0038561_11504329.jpg

焼きあがってひと晩置いたものを味見してみると、
ワインにも合いそうと思いました。

手を使うのは、気分転換にもいいですね。

(旧 十一月十二日己未)
by raisinsand | 2012-12-24 11:30 | Comments(0)

a sudden change

c0038561_1055132.jpg

小春日和の日曜日です。

数日前に期日前投票も済ませ、週末にかけて実家でのんびり、、、
と思っていたら、予定が急速な前倒しに。

明日から、三田に通うことになりました。

カフェ檸檬のシネマ倶楽部のためにも、
昨日実家に帰りましたが、
今朝、横浜に戻ってきました。

昨日は、The Woman in the Window(飾窓の女)を観ました。
1944年公開のフリッツ・ラング監督による作品です。

これまで檸檬のシネマ倶楽部で作品を見終わった後、
あんなに盛り上がったことはなかった、、、
というくらい、観る者を惹きこむサスペンスでした。
はらはらとたまらない気持ちにさせられるのだけれど、
作品の中で表現されているものの上質さが、観ていて心地よく、
最後の終わり方も他にないくらい気持ちよかった。

それから、短い実家滞在ながらもとても嬉しかったのは、
クリスマスを待つ楽しみ(クリスマスを待つおいしさ、かな?笑)を家族と味わえたこと。
実家の庭では、12月なのにラズベリーが僅かながらに実をつけていました。
あきこさんのシュトレンに添えられるのを待っていてくれたのかな。

明日からがんばります。
新しい仕事を、というより、
新たな生活の中でバランスや調和をとっていく、
ということを。

(旧 霜月四日辛亥)
by raisinsand | 2012-12-16 11:24 | Comments(0)

Biscotti

c0038561_1064518.jpg

干しプラムと、干し杏と、干し無花果と、棗椰子と、それから胡桃を
先日コンポートにしました。

コンポートにはラム酒とジンジャーシロップを贅沢に使い、
シナモンスティックも加えて煮たので、
クリスマスらしい味になりました。

今朝もまた、とても冷え込みましたので、
あたたかなものが食べたくなりました。

林檎にかぼすの果汁をジュッと絞り、
バターを落として、
ドライフルーツコンポートと一緒にさっと煮ました。

あきこさんのビスコッティを添えたくて、
このようなひと皿となりました。

(旧 霜月二日己酉)
by raisinsand | 2012-12-14 10:19 | Comments(0)

blossom in winter

流れ星みましたか。

今朝は5時過ぎに目覚めました。

暖かいものを羽織り、
南に面した窓際近く
ベッドの片隅に腰掛けて、
夜明け前の空を眺めました。

東の低い位置から南の高い位置に向かって
順に、水星、金星、土星、そして乙女座のスピカ(ではないかと思います)が、
天空に、大きくゆるやかな弧を描くようにして瞬いていました。

さらに西の先には双子座。

長い尾を引く流れ星をふたつみました。

c0038561_1659344.jpg

冬ですが、桜咲いてます。

妙蓮寺の境内に、この冬咲きの樹があるということ、
ここに住んで7年目にして、初めて知りました。
c0038561_16593557.jpg

(旧 霜月朔日戊申)
by raisinsand | 2012-12-13 18:06 | Comments(0)

homemade mouthwash

c0038561_1816577.jpg

のどと鼻が炎症を起こしています。

昨日の朝から風邪の兆候が。

先週までだったらここは気力で乗り切ったところですが、
今はそこまでの勢いがないなぁ・・・笑。

ぬるま湯1カップに対して、
ターメリック 1/4ティースプーン、
塩       1/4ティースプーン。

このうがい薬で朝夕うがいをすると良いそうなので、
せっせとうがいしています。

だいぶ空気が乾燥していますね。

みなさまもお大事になさってください。

(旧 神在月二十九日丁未)
by raisinsand | 2012-12-12 18:24 | Comments(0)

moon at dawn

c0038561_99070.jpg

明け方、東の空に浮かぶ新月間近のほっそりと輝く月を見ました。

あのような美しい月が空に浮かんでいるのは、
冬の、晴れ渡る、ぐっと冷え込んだ朝の贈り物のようです。

そんな朝早くから、紫花豆を炊いていました。

長野の友人からの頂き物の色鮮やかなお豆さん。
たかねさんというおばあちゃんが、丹精込めて育ててくださったものとのことです。

メープルシロップとフルーツシュガーで甘みをほんのりとつけて仕上げ、
少しだけ時間をおいたものを味見してみました。

乾燥させた生姜チップを一枚、茶葉と一緒に抽出したセイロン紅茶と、
炊きあがった花豆とお盆にのせて。

花豆は驚くほどふっくらと炊きあがりました。
メープルシロップとフルーツシュガーも、適当な目分量だったけど、
お豆そのもののクリーミーさを味わうのにちょうどいい甘さになりました。

素材の力だなぁ、、、と感心しながらほっこりお茶時間をしていたら、
郵便屋さんが小包を届けてくれました。

あきこさんからの小包でした。

小包はまるで玉手箱のようです。
クリスマス菓子や砂糖漬、手編みのiphone入れ、美しいクリスマスカードなど、
たくさんの贈り物をいただきました。

(旧 神在月二十八日丙午)
c0038561_9144666.jpg

by raisinsand | 2012-12-11 09:41 | Comments(0)

weekend kitchen

c0038561_11331595.jpg

今年、家で料理したもので、麹を使っていないほうが珍しいくらい、
塩麹や醤油麹にお世話になりました。

今日もふた品、麹にお世話になっております。

ひとつめ、ひよこ豆と大根のサラダ。
微かな歯ごたえを残して茹でたひよこ豆を一晩塩麹に漬けました。
サイコロ切りにした大根と細切りのがごめ昆布をこのひよこ豆と和えて、
さらに味をみながら塩麹を追加して、仕上げにかぼすの絞り汁とオリーブオイル。

もうひと品、チンゲン菜とにんじん、お揚げさんの麹サンバル炒め。
唐辛子やリンゴ、ニンニクを麹や塩、日本酒で漬けた調味料を効かせて仕上げました。

カンタンなものですが、これから、これらを持って野中邸に行ってまいります。

(旧 神在月二十六日甲辰)
c0038561_11331628.jpg

by raisinsand | 2012-12-09 11:50 | Comments(0)