<   2012年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

born in August

c0038561_20352192.jpg

そういえば、去年も「ゲーテの詩 朗読コンテスト」が開かれる津田ホールに向かう前、
ここでキッシュを注文してお腹を満たし、それからコンテストを聴きに向かったことを想い出しました。

ゲーテが1749年8月28日生まれということにちなんで、8月のその日に一番近い土曜日に毎年開催されて今年で31回目と言います。

ゲーテの詩に触れるきっかけになったとも言える「ゲーテの詩 朗読コンテスト」は、
数年前に知人が出場することになったという知らせをくれて、それから聴きに行くようになりました。

ゲーテと出会ったのは学生の頃、大学に入って比較的間もないころだったと思います。
水泳部の先輩の一人に、とても目の光が濃くて強い人がいて、その人の横でその人の話を聴くのがとても好きだったのですが、
ある時その人が「ファウスト」について、遠い目をしながら語り始めた時に、なにか特別な力がその声色に込められているような気がして、その時だったと思います。

でも私は当時、戯曲に馴染めるほどのものが自分の中にもなくて、
「親和力」とか「ヴィルヘルムマイスターの修業時代」、あるいは「詩と真実」辺りを気儘に繰り返し読みながら、
「色彩論」にも挑戦するのだけれど、いつも同じようなところで挫折して。

今でも、詩集を手にすることはないのですが、“詩の朗読を聴く”ということがこのイベントと出会ってとても好きになりました。

詩を朗読する人の声は千差万別。好みの声色があったり、そうでない声であっても、一心に耳を傾けるということで、何かとてつもないような充実感に繋がる瞬間があります。
生身の、今まさに生きる人間が、ゲーテの作品に新たな命を吹き込む瞬間。

そして、声がふっと途切れる間合い、、、あの静寂が何とも好きです。

(旧 文月九日己未)
by raisinsand | 2012-08-26 08:13 | Comments(0)

typhoon

c0038561_12442819.jpg

今、南海には二つの台風が来ているようです。
南に台風がいる時って、空が冴え渡るような気がするのは、私だけでしょうか。

先週末は、御殿場にある祖父母のお墓参りと、足を伸ばして芦ノ湖までドライブしてきました。

その日もよく晴れて、芦ノ湖の湖面までもが空の碧さを映してました。

話は昨夜に移って、、、
仕事帰りの電車の車窓から見た三日月の冴えた輝きにも、
真っ赤に暮れた空を映す雲の陰影にも、
息をのんでしまいそうでした。

しばらくこの空模様、続くのでしょうか。
今日も眩しい空のもと、日傘を片手に昼休みのお散歩です。

(旧 文月五日乙卯)
by raisinsand | 2012-08-22 12:45 | Comments(0)

juice

c0038561_963228.jpg

実は山吹色と柔らかな緑のマーブルに色づき、種は真っ赤になっているゴーヤーを朝のジュースに。
ブルーベリー、バナナ、豆乳と一緒にして、バーミックスしました。

微かにゴーヤーのシャリ。を感じるところが好きかな。

冷凍していたブルーベリーを使っているので、ジュースはひんやり。
そして滑らかなので、するすると身体に入っていきます。

今日は移動しながら、行く先々に愉しみが待っているような一日です。

ふたたび新月が巡ってきました。

(旧 文月朔日辛亥)
by raisinsand | 2012-08-18 08:47 | Comments(0)

salute

毎朝、職場の最寄り駅のそばにあるカフェで、
ささやかなお茶の愉しみじかんを過ごしています。

それは、朝の混み合う電車のストレスからの解放でもあり、
これから一日の仕事が始まる、という合図でもあります。
c0038561_8362443.jpg

いつも、おんなじ飲み物(温かいロイヤルミルクティ、甘さなし)をオーダーするのですが、
いつものですね、といった具合に手早く飲み物を拵えてくれます。

いつからか、こんなメッセージのおまけまで付けていただくようになりました。
c0038561_8362521.jpg

飲み物一杯のもたらしてくれる力は大きいです。

いつも、ありがとう。

(旧 水無月二十九日己酉)
by raisinsand | 2012-08-16 08:27 | Comments(2)

candle night

c0038561_7443217.jpg

昨夜は、夏恒例のクレマチスの丘・ヴァンジ庭園美術館でのキャンドルナイトコンサートに行ってまいりました。

今年は、阿部海太郎さんのピアノ・コンサートと聞いていたので、とても楽しみにしていました。
c0038561_7443592.jpg

ピアノのライブ、ということを楽しみにしていたのですが、
ピアノ + 室内管弦楽 + パーカッション、という、思いのほか豪華な編成。

庭園美術館の展示ホールで、それだけの編成のライブを聴くのは初めてでした。

すごく実感してしまいました。
あのホールの音響の良さを、です。

ピアノとヴォーカル、とか、ヴァイオリンとアコーディオン、という組み合わせで、
あの展示ホールで行われたコンサートを聴いたことがこれまでにありましたが、
ヴァイオリン第一第二、ヴィオラにチェロにコントラバス、あるいはオーボエやファゴットのソロの部分や
デュオのパート、ハーモニーが奏でる音色の伸びやふくらみが、すごくすごく身近に、全身に浸透するように感じられて、
そしてパーカッションも素晴らしく、海太郎さんの語りかけるピアノもまた。

雨もよいのヴァンジ庭園美術館でのひととき、幸せでした。
c0038561_7443827.jpg

(旧 水無月二十五日乙巳)
by raisinsand | 2012-08-12 08:01 | Comments(0)

grasp all, lose all

c0038561_19495738.jpg


迷っていたんだな。
あれも、これも・・・
あぁ、あちらも大切だろうし、、、でもこちらだって必要なことだよね、といった具合に。

帰りに立ち寄った書店で、ふと蓮村誠さんの本に目が止まり、
立ち読みしているうちに(笑)そのことに気がつきました。

夏バテのせいにしながらも、こんなに弱かったかなぁ、、、
毎日自身を訝る心地で半ば途方に暮れ、
何とか何とか日々をこなしていたところです。

迷うことに随分とエネルギーを使っていたのでしょう。
そのことに気づいたのだから、、、
あぁ、また今更(恥ずかし)、
腹をくくりましょうね!笑


(旧 水無月二十三日癸卯)
by raisinsand | 2012-08-10 19:24 | Comments(0)

voice

立秋が過ぎたということでしょうか。
今宵は涼しい風が吹いています。うちの近所まで来たら、秋の虫の音まで聴こえてきました。


ピーナツ味噌から手づくりして、青紫蘇で巻いて揚げてあるのだけど、食べてみて。
母の友達のお料理名人からそんな風に分けていただいたものを、昨日も今日もおべんとうのおかずのひと品に。
おかげさまで、ごはんがふたたび進むようになりました・笑。

c0038561_8251495.jpg

ピーナツ味噌の青紫蘇巻き揚げのほかには、
金時草の卵とじ、いりこと胡桃炒め、牛蒡と人参のきんぴら、色とりどりのトマト、
そして玄米ごはんと梅干のおべんとうを持っていきました。

週末、沼津で鎌仲ひとみさんの最新作の上映会が開かれ、鎌仲さんが講演にいらしてくださったそうです。
母が話を聴きに行ってきたそうなのですが、とにかく鎌仲さんの前向きパワーをひしひしと感じてきたそうです。

鎌仲さんに話しかけるチャンスがあったらしく、母が鎌仲さんの前向きパワーの源のことを訊ねると、
鎌仲さんは、食事を大切になさっていると答えられたそうです。
身体の免疫機能を活性化してくれる基本の食べものである玄米を普段召し上がっているとか。

うーん、やっぱりそうかぁ、、、

よいと解っていても、忘れてしまう生き物です。あらゆる局面において。
環境が変わったり、状況が変わったりするだけで、カンタンに右往左往してしまう、、、自分のことをつくづくそう思うのですが、
たとえ忘れてしまっても、ふたたび教えてくれる言葉がこの世界にこだましていて、その声に助けられているような気がしています。
聴く耳を持つ心さえ忘れなければ。

何だかこのところ、いつも反省と感謝がセットになっています。

(旧 水無月二十一日辛丑)
by raisinsand | 2012-08-08 22:02 | Comments(0)

gelato

c0038561_1729428.jpg

アイスクリーム日和が続いています。

アイスクリームを食べたいと思うのは子供のころの話だったかな、というくらい、
特別にアイスクリームを食べたいとは思わなくなって久しいような気がしていましたが、
このところ、アイスクリームでバテ気味の身体に栄養補給(?)しているような状況になってます。

一昨日は仕事帰りにトリプルチョコレート・アイスクリーム、
昨日はクリームあんみつ(バニラアイスクリーム)、
そして今日はチョコレートと唐辛子、マラガ(ラムレーズン)のジェラート・ダブル。

フルーツを使ったものというより、こってりしたクリームのものを選んでしまうこの頃です。

チョコレートと唐辛子の組み合わせというと、ジュリエット・ビノシュが出ていた「ショコラ」という映画を思います。
今日のジェラートで初めてこの組み合わせを体験しましたが、とても気に入りました。

(旧 水無月十八日戊戌)
by raisinsand | 2012-08-05 17:56 | Comments(0)

wisdom

「チャンプルーを作るとき、最後に卵を溶き入れるのは、
汁気を逃さず卵でとじるという意味なのです。」

沖縄料理研究の第一人者、山本彩香さんが教えてくださった。

/簡単でおいしいから今日もまた 平松洋子

c0038561_7355231.jpg

おべんとうにゴーヤーの塩糀チャンプルー、
お揚げさんとインゲンのマサラ煮、
アイコ、玄米、梅干しを持っていきました。

数週間にも渡り、知らず知らずに張り巡らしてきたものを、
それはもう緩めてもいいのかな、と思う瞬間があって、ふっと緩めた出来事がありました。
数日前のことなのですが、その弛みのせいか、血圧まで下がったままみたいになっています。
気の弛みが即身体の弛みに?笑
この「へろへろ」はもしかして夏バテ?ということで、食べるものを沖縄っぽくしたり、ちょっとスパイシーにしてみたり。
あとはやっぱり夜、しっかりと眠ることかな、と思ってます。
少し軸がブレたと思ったら、暮らしの基本に立ち帰ること、、、

今宵満月。
空は冴え渡り、月をまともに見ようとすると眩しいくらいです。
8月は始まったばかり。今月はもう一度満月がやって来ますね。

みなさまも、休息をとり入れながら、元気にこの夏をお過ごしくださいませ。

(旧 水無月十五日乙未)
by raisinsand | 2012-08-02 23:02 | Comments(0)