<   2011年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

material

c0038561_7502948.jpg


















さすがに、毎朝の愉しみだったジンジャーやカルダモンを効かせたチャイは、夏期休業に入ることにしました。

かわりに、お茶を点ててお茶好きのきもちを満たしています・笑。
抹茶色って涼しげだと思いませんか?

来月は、冷たいお茶の点て方を教室で教わることになっています。

お茶を点てるのに使う道具、茶杓や茶筅は竹で作られています。
竹の素材も涼しげで好きです。
暑い季節に限らず、一年を通して好きな素材ですが・・・。

c0038561_7543641.jpg


















夏の器と言えば、やっぱり硝子ですね。

この硝子、という字にも、なにか涼しいものを感じます。

麻夕ちゃんが焼いてくださったシナモンクッキーとよもぎ棒も、硝子のコップに入れてみました。


よし!

これから出かけてきます。

元気に、6月の最終日を過ごしましょう。

(旧皐月二十九日丙辰)
by raisinsand | 2011-06-30 07:58 | Comments(0)

cool-lunch

今日も暑くなりました。
梅雨はどこに行ってしまったのでしょう。

朝のお弁当づくりも、夏向きのやり方にすこしずつシフトしていかないと、朝の支度だけで汗びっしり、なんてことになってしまいます。

c0038561_20345919.jpg


















できるだけ火を使う時間は短く。

今日のお弁当はおいなりさんにしました。

お揚げは前日の夜のうちに炊いておいて、朝はお米を炊くだけです。

c0038561_20365457.jpg











副菜は、きゅうりとゴーヤ、めひびの酢の物とミニトマト。

作って涼しく、
たべて涼しく、

です!笑

(旧皐月二十八日乙卯)
by raisinsand | 2011-06-29 20:43 | Comments(0)

chew

お茶の教室に通い始めて、昨日は3回目。

はじめて、衝撃の!(笑)濃茶を体験しました。
お抹茶と言うと、さらさらの緑の液体の上に、ふわりと泡の層が重なった、あのお薄のことを思い浮かべますよね。
茶事において、最もたいせつなもてなしは濃茶に置かれているということを、はじめて知ったのも教室に通うようになってからです。
一杯の濃茶を点てる(練る)のに、一体全体そんなに抹茶を使うものかとほんとうに驚いてしまうほど、茶の粉が茶碗へと投入されていくのでした。
そして、ひとつの茶碗での飲み回し。。。

抹茶は一保堂の一番いい濃茶のものです、と先生がおっしゃっていました。
ひとくち口に含むと、体験したことのない味と感触がひろがりました。
噛むように味わってくださいと言う先生のアドバイスに従い、意識を集中させると、
ほろ苦い抹茶の香りのむこうに、甘みとか、なんとなくチョコレートを想い起こすような、なんともいえないコクを感じられました。
思わず、おいしい、、、と口にしてしまいました。


c0038561_9125528.jpg














お茶の教室の後、ひさしぶりに父と待ち合わせをして、新国立美術館に行ってきました。
父も母も私も共通の知り合いの方が、日彫展に彫刻を出展されているので、観にいってきました。
そして父と別れてから、帰り道に、もう片付けが始まってていたファーマーズマーケット@UNUに滑り込んで、
すこしばかりお野菜などを求めてきました。
いつもの農園さんも、まだ片付けをしていました。
ほしいと思っていたトマトがまだ、箱の上にありました。
すかさず声をかけて、分けていただきました。
私がその農園さんのファンだということを伝えると、農園主の方は片付けの手を止めて、お野菜のことをすこし語ってくださりました。
話の中には、こんな話題もありました。
野菜もおいしさばかりを追求して、味が濃いものが増えているが、味が濃いということは、旨味が凝縮されているわけだけれど、
凝縮されているのはそれだけではなく、身体にとっては害となってしまうものまで凝縮されているのだから、
味の濃い野菜ばかり食べるのはよくないよ、、、という話がありました。
確かに、自然のバランスから逸脱しているものは、身体の中でスムーズに消化されないでしょう。
わたしも、ありのままの、爽やかな香りや味が楽しめる野菜が好きです。野菜だけでなく、たべもの全般に渡って言えることかもしれません。

c0038561_92716100.jpg


















その農園の方から、めずらしい色をしたトマトをおまけしていただきました。
そして、トマトとにんじんでジュースを作って朝に飲むと、すごく身体にいいよと教えていただきました。

今朝さっそく。

c0038561_9305059.jpg


















にんじんに繊維があるので、絞らないとジュースにならないのかもしれませんが、
昨日の濃茶を思い出し、噛みながらいただくジュースもいいかなということで、そのまま硝子のコップについで、スプーンでいただきました。

おいしくて、身体もよろこぶ朝ごはんになりました。

おいしさのみならず、食べる人が元氣になる野菜を育ててくださっている農家さんに感謝感謝です。

(旧皐月二十五日壬子)
by raisinsand | 2011-06-26 09:43 | Comments(2)

vinegar

夏、ですね。
あれよ、あれよという間に。

外を歩くだけでも、じわじわと汗が滲んできます。

去年の夏、暑くて暑くてへろへろになってしまったことを思い出して、
今年はどんなふうに乗り切ろうかと思い巡らせています。

c0038561_733310.jpg











きょうのお弁当はライスサラダです。
昨日炊いた黒豆入りの玄米ごはんを温め直し、すし酢とオリーブオイルで和えます。
わたしのすし酢は、梅酢とりんご酢を適当にブレンドしたもの。
梅酢は梅干しを漬ける時にできるエキスで、梅の香りと塩分、そして梅干しと同様の保存性が特徴です。
りんご酢は、有機りんご100%で醸造されたもので、濃い飴色をしていて、りんごジュースを煮詰めたような、
フルーティーな甘さがとても気に入っています。
昨年の秋口に漬けておいた最後のピクルスを刻み、イタリアンパセリもたっぷり刻んで。
こういうご飯だと、暑くても、もりもり食べることが出来ます・笑。

c0038561_7384537.jpg

















あとはにんじんサラダも持って行きます。

夏場のお弁当は、ビネガーなしで語ることはできないかもしれません・笑。
保存性を高めてくれることはもちろんのこと、
ビネガーのcooling & relaxing 作用をすっかり頼りにしています。
どんどん暑くなっていくと、通勤するだけでもなかなか大変ですよね。
ビネガーは、とり過ぎてしまうと胃などの消化器官を緩め過ぎて、かえってバテてしまうかもしれないから、それだけは注意。

(旧皐月二十二日己酉)
by raisinsand | 2011-06-23 07:44 | Comments(2)

salt

ざっ と降り出した雨が止んだところです。
あぁ、夏はもうすぐそこなのだなぁ、、、と想います。
もう明日は夏至なのですね。

c0038561_7412019.jpg


















なかなか気分が持ち上がらなくても、あさごはんを食べようという気持ちだけは、いつもと変わりません・笑。

こんな季節はくいしんぼうに徹して、やり過ごしていくのも悪くはないのかな、なんて・笑。

夏野菜が出回り始めました。
露地のなすやいんげんなど、今、手に入るものはやわらかくてあまくて、やさしいおいしさが詰まっています。
そんな若々しい夏野菜は、やっぱりお塩で調理するのが、なんといってもいちばんおいしさを感じられるような気がして、
今朝などもおべんとうのおかずも兼ねて、なすとモロッコインゲンで塩炒めを拵えました。
蒸し炒めにするために、途中お酒を加えましたが、あとはお塩だけ。
これがすごーくおいしいのです。

身体にミネラルを補給し、お料理の基本の調味料であるお塩は、
生きていくために欠かせない、たいせつな存在ですね。
あらためて感謝です。

(旧皐月二十日丁未)
by raisinsand | 2011-06-21 07:54 | Comments(0)

transience

先ほどまで降りしきっていた小雨が、ようやくあがったようです。

今日オープンと言う、箱根湯本の菜の花展示室へ行ってみようかと思っていたのですが、
延期することにしました。
書家・井上有一さんの「愛」と「貧」には出逢っておきたい、、、です。


c0038561_12254453.jpg









雨はいつ止むのだろう、、、と思いながら、午前中はひさしぶりにいとあみの針を手にして、
小玉をいくつかこしらえて過ごしました。
今日初めて、水色の糸で編んでみました。
できあがった水玉が、厚い雲を透過してきたおひさまの光のなかで、みずみずしく目に映えました。

c0038561_12293496.jpg









菜の花展示室では、入場料にお抹茶とお菓子も含まれる、というのが魅力なのですが(笑)、
今日はそれがなくなったので、
自分で抹茶とお菓子を用意して、休憩しました。
お菓子はゆきげ杏という、信州の杏菓子です。

c0038561_123306.jpg









ふっ と与えられたのんびり時間が、たいへんに心を落ち着かせてくれたような気がしています。

お抹茶タイムでほぉ〜 っとして、
軽くヨーガで身体をリラックスさせました。

もう6月も半分が過ぎ去っていきました。
春の芽吹きに勢いづき調子良く走ってきて、それから梅雨に入り、
大地に深く浸透する雨に濡れ、潤った空気にすっかり包まれて、気分もクールダウン。
"おひさまきらきら、外へ外へモード"から、ある瞬間を境に内省モードへと切り替わっているのを感じています。
なんだか毎日、反省ばかりしています。
仕事でのワンシーンを思い出しながら、とても狭い考え方をしていたな、、、とか、
あの時、あんな風に言わなければよかった、、、とか・苦笑。
止め処もなく湧いてくる反省を、ただ流しっぱなしにするのではなくて、
暗くなってしまうばかりにならないように、
やさしい気持ちを思い出して、
素直に悪かったことは悪かったと認めて、
、、、
そんな止め処もないことを考えています。
季節が巡る中で、そんな時季もあるのだろう、、、そのくらいに考えるようにしようと思っています・笑。

(旧皐月十六日癸卯)
by raisinsand | 2011-06-17 12:52 | Comments(0)

turmeric

おはようございます。

昨夜は仕事の後、ひさしぶりにしっかり(笑)飲んで帰ってきました。
テーブルを共にした方が、今日はウコン飲んでおくの忘れちゃったなぁ、、、なんて言っていたのを思い出しながら、
今日のおべんとうには、固ゆでにしていた青大豆とイタリアンパセリをどっさり入れて、
クミンシードとターメリック(秋ウコン)も加えたインドっぽい焼き飯を拵えました。
仕上げに、お醤油を少々焦がして、どことなくエキゾチックな焼き飯です・笑。

お昼がお米のときは、朝ごはんはパン、
お昼がパンのときは、朝ごはんはお米。
たいてい、そんな風にしたいなぁと思っています。

今朝はあのサンドイッチにもう一度チャレンジ。
たっぷりと具材を挟み過ぎて、前に作ったときは切り分けるのに少し失敗してしまいました。
もう一度、ハウエルカフェで食べたときの記憶を辿ってみると、
具材の挟み方にポイントがあったような気がしてきました。
とくに、トマトを中央に寄せて、すこしこんもりとした山のようになっていたかな、、、

今朝のベジタブル・サンドイッチ、
すこし改善できたようにおもいます。

c0038561_8111098.jpg



















(旧皐月十五日壬寅 満月)
by raisinsand | 2011-06-16 08:13 | Comments(2)

wild grass

最近かばんの中に入れて、行き帰りの電車の中で読んでいる本があります。
「野草の料理」、甘糟幸子さんが書かれたものです。

四季折々の、野山に自生する草、木、、、そしてそれらの実を、摘んできて、お料理して、楽しむ。
季節ごとの野草が紹介されていて、素朴かつ美しい線で描かれた植物画も入っていて、
甘糟さんの自然を慈しむ心が、読んでいるとこちらにも乗り移ってきそうな心地がしてきます。

c0038561_7484419.jpg


















あれやこれやと手を加えすぎない、塩や醤油、酒などでシンプルに調味した旬のものと、
お米さえあれば、
御馳走だな、、、今はそんな気分にどっぷり浸かっています・笑。

先日実家の庭から摘んできた三つ葉で、混ぜごはんにしておべんとう箱に詰めました。
炊きたてのごはんに、ざくざくと刻んだ三つ葉と、炒ったエゴマを混ぜ込みました。
味付けはお塩だけ。
あきこさんの大きな白梅干を添えて、食べる時にお箸で千切りながら一緒に口へと運ぼうと言う算段です。

c0038561_7533477.jpg










フルーツトマトと夏みかんをデザートにしました。

それにしても、今朝はなんだか涼しいですね。

(旧皐月十四日辛丑)
by raisinsand | 2011-06-15 07:57 | Comments(2)

pancakes

台風と変わらない嵐が、夜半からずっと続いていました。
雨の降り方、その激しさの増し方が、この2, 3年のうちにどんどん激しくなってきているような気がします。

台風と言うのは地球の浄化作用と捉える事ができる、ということが、大分のお百姓さん(循環農法を実践されている方です)・赤峰勝人さんの著書にあったように思います。
不都合な真実、とは、ニンゲンサイドの捉え方かも・・・と想うところは私にもあります。

台風の風と水によって、地表の汚染物質も、その他諸々とともに海へと押し流されて、それから海の深い所へと運ばれて、やがては地球のコアの、非常に高温なマントルで昇華される、、、
たしかそんなことが書かれていました。
わたしたちの暮らしの在り方が、この嵐を惹き寄せているのだろうか・・・
激しい嵐の夜には、必ずと言ってもいいほど、そんな想いが湧いてきます。

c0038561_12194679.jpg





















こんな日の気分転換に、ちょっと普段とはちがうことをやってみました。
パンケーキを焼いてみました。

軽い食事にもなる甘さ控えめのパンケーキは、白崎裕子さんの「にっぽんのパンと畑のスープ」のレシピを参考にして。
みんなのドロップケーキという名前になっているのも楽しいところです。
バナナのスライスを添えて、それからこれは食事ですので、甘いジャムよりもいいね、、、ということで、
それぞれの小皿にオリーブオイル・海塩・バルサミコを用意して、パンケーキにつけながらいただきました。

パンケーキ + バナナ、そしてオリーブオイルやバルサミコとの組み合わせが、
このじとっとした今日のような日には、なんとも心地好いように感じました。



浄化作用と捉える事ができる、、、とは言っても、やはり被害が大きくならないようにと祈らずにはいられないのが、ニンゲンですね。

穏やかな地球にふさわしい、穏やかな暮らし方が、この地球に望まれているような気がしてなりません、、、
まだまだ私も、模索中です。

(旧皐月十日丁酉)
by raisinsand | 2011-06-11 12:33 | Comments(2)

early-summer

一年のうちでもっとも日が長い時季に差し掛かっていますね。

朝も、ずいぶんと早くから空が明るんでいますし、
晩も、仕事帰りに真っ暗になる前の道を歩くことができます。
帰りがさほど遅くならない日は、電車が多摩川を渡る時、夕焼けに染まる西の空を映す川面を眺めるのが楽しみ。
これから夏が始まるのだなぁ。。。

c0038561_762397.jpg









きょうのおべんとうです。

丸麦と黒米を一緒に炊いたごはんでサラダ寿司。
きゅうりとひじきと梅干しです。味噌漬けたまごを添えて。
最近、すごくひじき率が高い気がしています・笑。
きっと身体が欲しているのでしょう・笑。

c0038561_78153.jpg









切り干しダイコンのトマト煮。
バジルを添えました。

c0038561_784880.jpg















相変わらずのニュースが流れてきます。そして相変わらず永田町は内向きだなぁと思ってしまいます。

そして、「あなたはどうなの?」と自問します。

外向きに、オープンに。
今置かれている立場での自分の役割をきちんと果たそう。
そう思っても、なかなかそうできない時があったりして。

だからこそ、日頃から心がけていたいものです。

(旧皐月八日乙未)
by raisinsand | 2011-06-09 07:19 | Comments(0)