<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

九月十七日(旧 七月二十九日きのとうし) onward

先日拾ってきた栗、半分はまとめてフェンネル風味に茹でました。
茹でた栗も、食べきれない分は冷蔵庫にしまいつつ、食べるときに鍋で蒸しあたためると、茹でたてのあたたかい栗を楽しめます。
3日間の秋の夜長、そうやってフェンネル風味の栗をむきむき幸せを味わっていましたが、
とうとう昨夜は渋皮煮仕事を始めました。

鬼皮を剥き、何度か煮こぼしてあく抜きをしてから水を取り替え、一晩置いてから甘く煮ても良い、
というのを、どこかのレシピで見かけました。
これなら週末に持ち越さなくてもできる!と思ったのです。

今年はどんな風に渋皮煮にしようかなぁと思っていたところ、ウェブで調べていて、黒糖とお醤油少々で煮るというレシピを見つけました。
うちには黒糖以外のお砂糖はないし、お醤油をたらすあたりが辰巳芳子先生の「味覚旬月」にあった金柑の甘煮を想わせてくれるところで、
今年はこの方法を採用です(笑)。

昨日は、ちょうど麻夕ちゃんからの 栗便り が届きました。
お手製の栗のはんこが押してある便りを眺めていると、やさしい気持ちになれます。

佐藤初女さんの「母の心をすべてに」を、このiBookのちいさなスピーカーで流しながら、夜長の栗仕事を楽しみました。

昨夜煮こぼすところまでやって水につけて冷蔵庫にいれておいた、渋皮つきの栗の水を今朝も一度取り替えて、冷蔵庫に戻しました。
仕事から帰ったら、いよいよ黒糖とお醤油で煮詰めてみます。

おいしい渋皮煮になってね。

c0038561_7393097.jpg
by raisinsand | 2009-09-17 07:40 | Comments(0)

九月十四日(旧 七月二十六日みずのえいぬ) harvest

朝の7時5分、妙蓮寺から渋谷方面の電車に乗り込みました。昨日のことです。

茨城に住むあっこちゃんが栗拾いに誘ってくれました。

渋谷で銀座線に乗り換え、表参道で千代田線に乗り換え、我孫子で成田線に乗り換え、新木という駅であっこちゃんと茂さんに合流。

線路沿いにある、のどかな栗園には、びっくりするほど沢山の栗が'いが'ごと、、ふかふかの地面にびっしりと落ちていました。

去年、福島で山栗を拾ったときの感覚だと、バケツ一杯拾うとしたら、相当時間も体力もかかるように思われるのですが、
昨日はあれよあれよという間に、「もっと拾いたいけどこれ以上拾っても、持ち帰ることは出来ないし食べきれない」ぐらいになりました。

あっこちゃんと茂さん、栗拾いは初めてと言っていたけど、私は彼らのビギナーズラックのお相伴にあずかったのかもしれないです。

あっこちゃんたちの住む町に戻り、昔からあるというワイナリーでお昼を摂って、そのままあっこちゃんと二人、自転車であっこちゃんの畑に行きました。

5月ぐらいから始めたと言うあっこちゃんの畑。

2週間ばかり前に初めて話に聞いて、すごいなぁと思ったし、行ってみたいなぁと思ったのですが、こんなに早く行けるとは、
と感慨に耽りながら、ペダルをすいすいとこいで15分くらいだったかな。
市民農園の一角にあっこちゃんの畑がありました。

四角豆が元気に育っていました。
紫に染まる美しい花を沢山つけ、豆の赤ちゃんもたくさん。大きく育った四角豆は収穫させていただきました。

ミニトマトも、まだまだびっしりと身をぶら下げています。

たった一本、大きく育ったきゅうりは、めぐみちゃん持って帰ってね、なんてあっこちゃんは言ってくれます。
友達の愛をひしひしと感じてしまいました(笑)

さやいんげんやゴーヤ、オクラ、空心菜、青紫蘇も収穫しました。

あっこちゃんの畑の一角には、サトウキビも育っています(これは茂さんの趣味のようです・笑)。

ほんとうにすごいなぁ、あっこちゃん、こんな畑でいろんなお野菜を育てて。

ただただ感心しました。

栗沢山、採りたて野菜たくさんで、横浜の家に帰り着いたのはちょうど夜の8時頃。

それからのお夕飯は、あっこちゃんのお野菜祭りです。

四角豆とインゲン豆とオクラは茹でて、きゅうりとトマトとゴーヤは生で、お皿にもりあわせてサラダにしました。
紫蘇味噌や、安保農場のマヨネーズをつけて、もりもり食べて、
それがまたおいしくて、身体が喜んでいるのを感じながら、お腹が満たされてゆきました。

今日は仕事から帰ったら、栗祭りの予定です(笑)。

米沢亜衣さんのイタリア料理の本2にある"栗のフェンネル風味"を、いよいよ試してみます。


c0038561_834212.jpg
by raisinsand | 2009-09-14 08:03 | Comments(0)

九月十二日(旧 七月二十四日かのえさる) medicinal

今朝方ざあざあと音を立てて降った雨は、すっかり落ち着きましたが、
からっからに乾いていた土がしっとりと大地におさまると、辺りに漂う 気 は、すっかり秋のものになりました。

ずいぶんと久しぶりに、横浜の家でひとり、ビールを飲んでいます。

・・・

いつも、決まった栃木の農家の方から、おいしい無農薬玄米を買っています。
つい最近切らしてしまったのですが、あともう少しで新米の季節。
そこでは5kg単位での購入です。一人暮らしにとって、5kgは結構な量なので、新米までの間2kgもあれば十二分、
ということで、午前中買い物に出掛けました。
たいてい決まって土曜日に買い物にいく先は、横浜そごうの地下に入っている、「こだわり屋」という自然食品屋さんです。
そこで、ライ麦と全粒粉のおいしそうなパンを見かけました。それに惹かれて
(ちょうどお昼には、冷蔵庫にあるゴーダチーズをのせてオープンサンドにしよう。
ちょうど今日届きたての新鮮な胡瓜とトマトも添えて。
ついでに今朝煮たかぼちゃも添えようかな・・・なんだか飲みたい気分になってきた。)
そんなことを思ったのです。

たまに、お昼にゆっくり飲むビールはいいものですね。
リラックスした気持ちでお昼ごはんをいただき、午後のひとときを過ごし、きっと夜には酔いも醒めてぐっすりと眠れるでしょう。

アルコールは、深い睡眠の妨げになりますものね。
それを身体が感じるようになったのか、普段はまったくアルコールを摂りたいと思わなくなりました。
一日動き回りたくさん汗をかいた日や、特別にいろいろ考えてお料理を拵えた日を除いて。

良質な睡眠は、身体の免疫機能を高めてくれます。
正常な免疫機能が働いている身体、というのは、目覚めている身体、ということだと思いますが、
身体が目覚めると、'ほんとうの意識も'目覚めるのだと感じています。
つまり、幸せだなぁと感じる意識。

私は、コツコツとその意識を高めようと努力しています。

わたくし事ではありますが、台所の冷蔵庫に、ちいさな張り紙をしています。
何と書かれた紙かと言うと、、、(笑)

☆毎朝6時前にはベッドを出よう

♪朝・昼はシンプルでもパワーが出る穀物を中心に、晩はゆっくりと加熱したものをひと品こしらえて食べよう。

☆いつでも時間を決めず、身体を動かせるときに動かそう。

・・・

体調が良く、過剰なストレスを受けていない心身には、ビールやワインのアルコールも、そうネガティブには働かないでしょう。
今日も、ほどほどに飲んで、充分満たされました。


こうやって満たされるようになるまで、何年も、何年もの、結構な道のりがありました(笑)
まだまだこの旅は続きます。


みなさんもご存知でしょう?

「千里の道も 一歩から」


c0038561_14584420.jpg


ゆっくりと飲むビールは、冷やす必要がありません。

コーンスターチやいろいろなものが混じっているビールはわかりませんが、
麦芽とホップだけで作られたビールは、ぬるいままでおいしく飲めます。

中国人も、ビールはぬるいままで飲むと聞いたことがあります。
医食同源の国、飲食で身体を冷やすことが好ましくないことを知っての上でしょう。
by raisinsand | 2009-09-12 15:06 | Comments(0)

九月八日(旧 七月二十日つちのえたつ) memory

今朝6時を回ったところ、寝ぼけながら台所に立っていたら、電話が鳴った。

(こんな早くに、もしかして、また地震速報があったのかな、、、)

先日も、TVを持たない私を心配した母が、地震速報があったと知らせてくれたのだ。

どきどきしながら受話器を取ると、ずいぶんと元気な母の声が聞こえてきた。

まだ寝ぼけている、ということを悟られまいと、私の声も合わせてトーンアップ。


よしこさんから葉書が来ていたのよ、と読み上げてくれた。


千本浜、クレマチスの丘、柿田川、満月、

和助さんのランチ、ジェラート、実家での母の手料理、

いろいろ話したこと、

歩くこと、足の裏のマッサージ、、、etc.

母が読み上げるよしこさんのひとことひとことが、まだ目覚めていない心身にじーんと染みてきた。


ほんとうに楽しかったのだ。


ぜったい一人では味わうことが出来ない、あのメンバーならではの、場の雰囲気というか、
そんなものがとてもありがたかったし、今でも、とてもありがたいと思う。


すてきな人たちと引き合わせてくれた池間のゆうこさんには、ほんとうに感謝だなぁ、、、

今度はトミーさんやのりこさんも一緒がいいなぁ、、、


新しく始まる今日の元気の源は、明日への感謝と希望。


c0038561_7503531.jpg
よしこさんが携帯から送ってくれた写真。

千本浜から眺める海の色、あの日はちょっぴり宮古風だった。

こんなに千本浜ってきれいだったっけ、、、

と、本気で思ったものだ。
by raisinsand | 2009-09-08 07:54 | Comments(0)