<   2008年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

十一月二十九日(旧 十一月二日みずのととり) indigo

c0038561_1946158.jpg
藍染めの木綿糸で

ちいさなコサージュを編みました。

編んでゆくうちに

指先まで藍に染まりました。

冬に 藍 は似合います。
by raisinsand | 2008-11-29 19:47 | Comments(0)

十一月二十八日(旧 霜月朔日みずのえさる) kitchen

いよいよ旧い暦でも霜月、冬らしくなってきました。

夏の間は、こんなでいいかしら、、、というくらい、台所に立つ時間が短かったのですが、
このところは、火元からあたたかくなる台所に立つ時間が、ぐんと長くなりました。

寒くなって来ると、おやつ というものが生活の大切な要素になってきます。

身体を温めてくれるもの。
心を温めてくれるもの。

c0038561_926727.jpg

冬のおやつといえば焼き芋!

安納もみじ という種子島のサツマイモは、

縦半分に切って、オイルを敷いたルクルーゼでじっくりと焼きます。

もみじ というだけあって、鮮やかな色。

ころんとした形もいいですね。

おいしいお芋です。



c0038561_9314631.jpg
寒くなって来ると焼き菓子が食べたくなります。

オーブンを持たない私は、たまに実家に帰ると何を焼こうか迷いながら、
それなりに優先順位をつけて焼いていきます。

この前はアップルパイを焼いたし、コーンブレッドやスコーンも焼きました。

石臼挽き という言葉に惹かれて購入した新蕎麦粉を、スコーンの生地に混ぜてみました。

蕎麦の香りのするお菓子も好きです。

例の山の黒真珠、コンパラジャムをつけていただきました。
by raisinsand | 2008-11-28 09:37 | Comments(2)

十一月二十五日(旧 十月二十八日つちのとみ) ripe

晩秋から初冬へ。

気がついたら、身体も冷たい空気に慣れてきているようです。

寒さが緩んだ後の冷え込みが、妙に心地よかったり、

指の芯まで染み入るような糠床の冷たさに、ぞくぞくしてみたり。

この時季食べごろの果物もいいですね。

c0038561_20512434.jpg
甘酸っぱい紅玉が、林檎の中でも一番好きで、
そのままよくかじります。

それでもやっぱり、オーブンに入れたくもなります。

休日に実家のオーブンを借り、中島デコさんのレシピでアップルパイを焼きました。
砂糖を使わないおかげで、
林檎の果汁が最大限に生かされたお菓子が焼き上がりました。


たまたま出かけた先で、ちいさなイベントが催されており、姉妹のまちということで長野県の青木村からやって来た方達が、その土地の産物を販売していました。

ナツハゼ という落葉低木の果実、山の黒真珠と呼ばれるそうなのですが、密度を上げたブルーベリーのような実を活かしたジャムを試食をさせていただいたら、とても美味しかったので、ジャムをひと瓶。
そして、好物の洋梨を手に入れることが出来ました。

果実の放つ香りの、なんと甘いことか。

複雑なことか。

優しいことか。

幸せなことか。

c0038561_21101928.jpg
by raisinsand | 2008-11-25 21:11 | Comments(0)

十一月十九日(旧 十月十二日みずのとい) bijou

c0038561_8141037.jpg
ここ数日、夜眠る前に開くのは "暖炉の火のそばで"。
ターシャ・テューダーの手作りの世界に触れる本です。

出かけた先で、ふと手帳を開くと、
佐藤初女さんの講演会のときのメモ書きを目にします。

年を重ねていくことの素晴らしさを、いつも教えていただきます。

そして、今日を大事にしようと思うのです。
by raisinsand | 2008-11-19 08:18 | Comments(0)

十一月十三日(旧 十月十六日ひのとみ) trivial

c0038561_1927257.jpg

岩手の南部せんべい、阿仁のもろびせんべい、信州の蕎麦の実せんべい、
岐阜の栃の実せんべい、、、
その土地その土地の匂い、姿をしたおせいべい、おいしいですよね。


奄美で、黒糖せんべいをみつけました。
空港の売店の片隅にひっそりと積まれた袋の原材料欄には、
小麦粉、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、玉子、重層、バター
と記されていて、、、これはイカニモオイシソウ!
おせんべいの表裏には、奄美と輿論島の文字が浮き出ています。



すてきなおせんべいです。




今宵の満月、すばらしいです。
ヴィーナスもジュピターも、光り輝いていました。


ささやかなほど、幸せ。

些細な中に潜むものこそ、じぃーん と染みてくるものではないでしょうか。
by raisinsand | 2008-11-13 19:38 | Comments(0)

十一月十二日(旧 十月十五日ひのえたつ) interaction

c0038561_833456.jpg


いとしき、うつくしき もの たち。


いずれもいただいた もの だ。


同僚より、勤めていたところより、

森より、友より。


ありがとう、ありがとう。
by raisinsand | 2008-11-12 08:06 | Comments(0)

十一月十日(旧 十月十三日きのえとら) harness

c0038561_2083469.jpg
木の葉たちは土に帰る前に

光をたくさん浴びて

浴びて

浴びて、、、

水のように透き通ってから帰るようにしているんだ
by raisinsand | 2008-11-10 20:10 | Comments(0)

十一月八日(旧 十月十一日みずのえね) gather

c0038561_78127.jpg
今日はアノニマスタジオで冬じたく展があります。

このために、晒し木綿を二重にして、

割烹着のような、

白いブラウスのパーツのような、

アームカバーを作りました。


どんな冬じたくがあつまるのだろう。

行ってきます。
by raisinsand | 2008-11-08 07:10 | Comments(0)

十一月七日(旧 十月十日かのとい 立冬) away

たった今、部屋の中に陽が射してきた


今朝は、夢と目覚めの境をはっきりと憶えている


宮古に住む友人が出てくる夢で、

海沿いをいったりきたりしているところだった。

汽笛のはっきりとした音が

まっすぐ耳に飛び込んできて

目覚めたのだった。

その音は横浜港からやって来た。


吸い込む空気に海風が混じっていないと。

心までもが乾いてしまう



c0038561_10554252.jpg
明日のアノニマスタジオでの冬じたく展の支度は、

だいたい整いました。

ひと段落付いたお祝いに、とっておきのお茶菓子を出すことにしました。

名瀬でたまたま入った春風堂というお菓子屋さんのたんかん羊羹。

上品な甘さに、たんかんの香りがひときわ際立ちます。

すごいお菓子なのです。

気分は奄美。

うっちん茶をいれました。
by raisinsand | 2008-11-07 11:01 | Comments(0)

十一月五日(旧 十月八日つちのととり) attract

c0038561_7592122.jpg









気がつくと、

つい近寄ってしまう木があります。

オリーブもそのひとつ。
by raisinsand | 2008-11-05 08:00 | Comments(0)