<   2007年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

十二月十九日(旧 十一月十日ひのとい)

今朝、ふと 無常・・・ということばが心に浮かんできました。

モノゴトが流転していること。

それをすばらしいとかんじること。

毎朝いただく亜紀子さんのシュトレンが、
日に日に馴染んで、変化して、
クリスマスが近づいていることを味わいながらの、
モノ想いのひとときです。
by raisinsand | 2007-12-19 07:59 | Comments(2)

十二月十六日(旧 十一月七日きのえさる)

窓ふきをしながら、空がまぶしすぎるのをとても嬉しく感じた朝でした。

こんな日は、ゆるいハワイアンを聴きながら。

c0038561_1151465.jpg
昨日は、よしこさんのいる吉祥寺のおちゃらかへ。

おまけに、ずっと気になっていたDEVA DEVA CAFEで、
仕事を終えたよしこさんとお茶をして、下で絵本を見て、
ナチュラルハウスで買い物をすると言うよしこさんにくっついて行って、
りっぱな聖護院大根を見つけました。

今朝は、柚子をたっぷり使い千枚漬けにしました。
葉っぱは、すり胡麻とふりかけ風に。

c0038561_1195410.jpg

ひと仕事終え、ティタイム。

DEVA DEVAから買って来た、ひよこ豆のお菓子。

これがすごくおいしい。

何て名前のお菓子だったろう・・・。


c0038561_11112619.jpg
つい最近、アーコールのチェアがうちにやって来ました。

この部屋では異色なくらいの存在感。

座ると、高い背もたれがしなって、すごくリラックスできます。

針仕事にうってつけの椅子のような気がしています。

もっとちくちくが上手くなりますように・・・

そんな気持ちで、えいっと思い切った買い物です。
by raisinsand | 2007-12-16 11:16 | Comments(2)

十二月十五日(旧 十一月六日みずのとひつじ)

異変・・・

かもしれない。

やっぱり温暖化。

きっとそうだろう。

この冬は寒さが苦にならない。

むしろ、冷たさを楽しんでいる。

食器を洗うのも、ぞうきんを洗うのも、まだお湯を使っていない。

朝も違う。

日が昇る前、東の地平間際が茜に染まるのを、

この目で確認したくて飛び起きる。

去年までと明らかに違う。

冬・・・。

c0038561_21595156.jpg
by raisinsand | 2007-12-15 22:00 | Comments(0)

十二月十一日(旧 霜月二日つちのとう)

風も吹かず、空が高かった日。

日本民藝館に行ってきました。

あの赤い部屋で、真ん中に腰を下ろし、
四方からさざ波のように打ち寄せてくるものを、ひたすら享受した日。

あいちゃんの言葉。

たくさん歩いた日。

そして、

家に帰り着くと、
あたたかな贈り物が待っていた、そんな日。

c0038561_20152452.jpg

冬支度が苦手だったの。

でも、今年は違う気がする。


民藝館のそば、広場のベンチでおしゃべりした
その声は、すでにかの人に届いていました。


柚子。シュトーレン。添えられた手紙。

冬至。クリスマス。亜紀子さんの、あたたかな手の温もり。

一日、一日と、近づいてゆくもの。

c0038561_20193945.jpg
今日から始まって、

いつまで続くか解らない、

新しい習慣。

朝8時のティータイム。
by raisinsand | 2007-12-11 20:37 | Comments(2)

十二月四日(旧 十月二十五日みずのえさる)

c0038561_20192263.jpg

昨日降った雨が、

乾いた大地を潤して、

空気を深く吸い込むと、とても心地よい朝。


いつもとおんなじ時間、おんなじ電車に乗り、
いつも降りる駅を通り過ぎて、向かった先。







c0038561_20293545.jpg

何度も深呼吸しながら、水鳥たちが戯れる川沿いを歩き、

階段を上る。







竹林カフェのサブジ・ワークショップ。

参加したくて、うずうずしていました。



c0038561_20304863.jpg

あのおいしさの謎解き。


マサラを炒めながら、
時折みんなはよそ見をしたり、振り返ってみたりもしました。

大きなガラス戸のむこうに、木の葉がはらはらと舞う・・・。

c0038561_20325597.jpg

雪のように、

地面や屋根に積もっていました。













c0038561_20374056.jpg

帰りがけに見たもの。



帰り道歩いていたら、西日に染まる山々の風景が、
とても暖かくて、透明な感じがしました。


c0038561_2038591.jpg
アルゴビ(じゃがいもとカリフラワーのサブジ)を作るのに
一緒にペアになってくださったかた、
お料理がとても上手で、
やさしく気配りしてくれました。


とても気分よく帰り着いて、ほっとお茶時間。


c0038561_20445797.jpg

そして、ちくちく・・・。
by raisinsand | 2007-12-04 20:47 | Comments(0)

十二月二日(旧 十月二十三日かのえうま)

朝、茜色の光で目が覚めました。

もっと厳密に言うと、
目をつむって眠っていた身体が、
麻のカーテンの、朝日に染まっているのに反応したのだと思います。

最近、寒さが緩んでいて、
今朝の私は、まるで冬眠から覚めた小動物さながら。

ワクワク、ソワソワ・・・・・・。

いそいそと掃除を済ませ、朝ごはんも済ませ、家を飛び出しました。二子朝市へ。

市場とお祭りの会場。いつもわたしには区別がつかないみたいです。
つい興奮してしまいます。

igrek double*Vさんの、レンコンとスペルト小麦のスープ、ほいあん堂さんのひょうたん板、
たまちゃんの紫蘇の実と葉の佃煮、KURODAさんのおべんとう、あんざい果樹園さんのりんご・・・。

月始め早々、こんなに散在して大丈夫? という心の声は、フェードアウト。

c0038561_15124551.jpg
家に帰り、おそめのお昼ごはんをとりました。

黍とむかごご飯のおむすびをかじってみると、
こんどは食べることに夢中になってしまいます。

蕪・きゅうり・にんじんの三五八漬け、叩き牛蒡、うずら卵の味噌漬け。
かりかり、ぽりぽり、、、。
それと、鮭と実山椒が入っていて、
おぼろ昆布で巻かれた粟ご飯のおむすびでした。
c0038561_15284650.jpg

デザートには、あんざい果樹園さんのりんご。

包丁を入れた瞬間、
ぴゅっ、と果汁がほとばしりました。





c0038561_15161746.jpg
おべんとうの蓋に添えてあった南天の葉、
「難を転じて福となす」願いを込め、
さっそく飾りました。
by raisinsand | 2007-12-02 15:43 | Comments(0)