<   2007年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

三月二十九日

夜道を歩くのが心地よい陽気となりました。
満ちつつある月明かりに、西よりに集まった冬の星座たちが控えめな光を放っています。シリウスさえも。

今朝、家の近所にちょっとした桜坂があることに気づきました。
これまで見向きもしなかった所でしたが、ほぼ満開の桜が並木道を作っているのをみて、
駅とは違う方向だったのに、思わず吸い寄せられました。
仕事帰り、急ぎ足で通り抜けた道は朝よりさらにひっそりと静まり返っていて、街灯にほんのり照らされた桜の木々は、花盛りでした。
by raisinsand | 2007-03-29 20:54 | Comments(0)

三月二十三日

朝のコーヒーのことです。
たとえば、ガリオンに豆を買いに行き、その日のうちにがりがりとミルで豆を挽いていれるコーヒーは間違いなく美味しいです。それが叶わない最近は、別の路線で朝のコーヒーを楽しんでいます。

c0038561_21471074.jpg
INKA(穀物コーヒー)とカルロスさんのオーガニックコーヒーのフリーズドライ、それにライス&ソイとポルチェラーナ・ビアンカのポット。この一揃えに最近収束しました。
コーヒーはINKAだけでも十分美味しいのだけど、スプーン半分にも満たないフリーズドライのコーヒーを入れるだけで、コーヒーの深みに近くなると言うか、、、。ビアンカのポットに2種類のコーヒーパウダーを入れて熱湯を注ぎ、たっぷりのライス&ソイを継ぎ足して火にかけてしまいます。ビアンカのポットはそれができるのがうれしいです。まだまだ冷え込みがちな朝に熱いコーヒーをすするのは、ちょっとした幸せです。
by raisinsand | 2007-03-23 22:00 | Comments(4)

三月二十二日

日比谷に通勤し始めてから、日比谷線でヨシコさんにばったり会うのは今朝で2度目です(もう、ばったりとは言わないのかな)。
うれしいです。朝、込み合った通勤列車に揺られながら職場へ向かいつつ、都会と仕事に向かう緊張感が無意識に高まりつつある時に、もともと宮古仲間のヨシコさんと一緒になるのは。
一瞬宮古の空気につつまれるような、ゆったりと落ち着いた自分に戻れる気がするのです。きっとヨシコさんの人柄もあるのですね。
そんなで、今朝も私が日比谷で降りるまでの十数分間、ヨシコさんとお話ししてきました。
私はテレビを持っていなくて、そこからヨシコさんがゆるなびで「テレビのない暮らし」を見たという話が始まり、「照明がない暮らし」というのもあるということを教えてもらって、、、
それはいいなぁと思い、今夜、うちではろうそくがそんなにあるわけではないので、テーブルの上の明かりは消すことにして、その代わりに蜜蝋のキャンドルを灯してよるごはんを食べました。蒸したブロッコリーとセロリのわき芽。それと、昨日作った根菜と高野豆腐のカレースープの残り。

c0038561_21501658.jpg

高野豆腐を料理したのは久しぶりです。次はどんな風にたべようかな。







ここ数日の間、三年番茶でもなく、はとむぎ茶でもなく、紅茶でも中国茶でもなく、Full Moon Blend(満月のお茶)の気分で、家では満月のお茶ばっかり飲んでいます。今夜も、ローズ・ローズヒップ・ニルギリ・マリーゴールド・ベルベーヌ・ハイビスカス・ドライピーチ・ドライアプリコットがブレンドされた満月のお茶を飲んでいます。
まだ新月を通り過ぎたばかり。今夜の帰り道、西の空に三日月が、地上に向かって美しい金色の弧を描いているのを見ました。
それなのに私は、月のサイクルに対して気持ちも身体も反周期ずれてしまっていたようです。そわそわ落ち着かない毎日が続いていました。
今夜は、照明の変わりにキャンドルを灯すことにしてよかったです。自然と落ち着きがもどってきたようです。
by raisinsand | 2007-03-22 22:07 | Comments(0)

三月十九日

今朝東横線から見えた富士山は白く輝いていました。陽射しは春なのに、空気はまだまだ冷え冷えとしています。

「衣食住」って言うけれど、やっぱり「食衣住」になるのよね、、、約一週間前、真木千秋さんがタンドール越しに暖をとりながら、さらりと語っていた中での言葉です。
糸と布にあんなに深く関わっている人から聞いた言葉、それは私にとって「前提条件」みたいに当たり前のことだと思っていたけれど、実は、まだほんとうの当たり前になってないことを気づかせてくれる言葉でした。

はっとしてしまったのです。自分は、まだまだごまかすことがあるんじゃないかって。たとえば、それを仕事のせいにしたりして。
忙しいからとか何とか言って、日々の生活の当たり前のことがおざなりになってくると、気がついたときには目の前が曇ってしまっていると感じることがあります。
そんな時は、いろんな判断を誤って、自分に対しても人に対しても良からぬことが多いです。

ごまかしたものには、「満たす」力がありません。
心がこもったものには、それを享受する人を満足させる力があるのと正反対。これまた当たり前なことです。
このことに気づいたなら、ごまかしてしまわぬよう気をつけることが出来る筈。ちょっとした努力と心がけを日々に重ねていけば、その先はもっと明るくなる。
そんな風な考えに、この1週間で行き着きました。

だから、このことを忘れず毎日が過ごせますように。
明るい方向を見失いませんように。


c0038561_23413563.jpg
かじりかけのクロワッサンの写真。

今朝のごはんは、ファンテイルのクロワッサンとはちみつで甘みをつけた豆乳ラテにしました。
ファンテイルは沼津のパン屋さん。
都内にも、たくさんの国産小麦・天然酵母パンを焼いてくれるパン屋はあれど、ファンテイルが一番好き。
重すぎず、軽すぎず、私にとって絶妙な加減なのです。
by raisinsand | 2007-03-19 23:55 | Comments(0)

三月十四日

今日も例のごとく夜空を見上げながら、駅から家までの道のりをすたすた歩いてきました。なぜか今夜は、空を横切る飛行機雲が次から次へと浮かんでは消え、浮かんでは消えていくのを見ることになりました。
自衛隊の夜間飛行演習だったのでしょうか。灰色の帯を空に描く飛行機は、普通見る飛行機よりも近く見えたし、どの飛行機も同じ方向に、規則的に、近距離で飛んでいくようでした。
月明かりのない夜空にうっすらとした光の帯を何本も見て、此処の夜空は、暗いようでもやっぱり十分光を含んでいることを知らされました。

家に帰り着いてから、朝からそうしようと決めていた通り、飴色になるのを目指して大根を煮始め、ついでに大根のあおくて甘い部分は糠漬けにしました。
by raisinsand | 2007-03-14 22:30 | Comments(0)

三月十三日

今夜も風が冷たい...でも、昨日に続き、今朝も家に居ながら、近所でうぐいすが鳴いているのを聞きました。
やっぱり春はやってきているのです。

最近、お昼はお弁当を持っていかず、オフィスの近所シャンテに入っているCHAYAでごはんを食べることが多いです。
ひとりだと、どんどん作るものがシンプルになっていってしまって、まるで鎌倉時代か室町時代くらいのごはんになってしまうのです(苦笑)。
なんでこんな表現になるかと言うと・・・雑誌「なごみ」の最新号は、精進料理を特集していて、
そこで精進懐石の歴史を読んで、うーむこれは私好みだなぁ、なんて思っていたわけです。
でも、まだまだ寒さが身にしみる気候です。
ちょっぴりリッチで、じっくりと時間をかけて調理されたものも身体は要求しています。
仕事から帰ってじっくり料理、、、なんてお腹の虫は待ってくれないので、お昼出られる時はCHAYAと決め込んでいるわけです。
今日はなんと、その昼時のCHAYAでクニさんに偶然会いました。
KIの同期です。なつかしい。
クニさん、とてもいい笑顔をされてました。

ふと思ったのですが、昼CHAYAに通うと言うことは、今後も知り合いに会う可能性が高いと言うことかも。
by raisinsand | 2007-03-13 22:04 | Comments(0)

三月十二日

最近、星のことを調べています。

都会でも星は見えます。
星の色もわかります。
この季節は、オリオン座の周りがにぎやかなのも、仕事帰りの夜道を、空を見上げながら歩いていてわかります。

私はテレビを部屋においていませんが、
今夜、私にとってのテレビは、
インターネットを使って調べたことをメモっているノートや、星座早見版でした。

都会で見える星ならば、ひと通り覚えられるでしょ?ってかわしまよう子さんも言ってくれています。
そうかもしれない...と思って、コツコツやってます。
妙に納得してしまったのです。
だって彼女は、河原や道ばたの草花たちをひとつひとつ覚えているのですから。
by raisinsand | 2007-03-12 21:49 | Comments(0)

三月十日

今朝はなんと、家を出て妙蓮寺駅まで向かう途中、うぐいすがさえずっているのを聞きました。
澄み切ったうぐいすの声を聞くと、姿の見えないうぐいすのかわいらしい様子が思い浮かばれます。
いつも、家から駅のホームまで、まっしぐらに歩いていますが、今日は足を止めてしばしうぐいすの声に聞き入ってました。

c0038561_20304785.jpg
先週行こうと思っていた竹林の店、
天気と気分の具合で、今日行くことに。

乗り継ぎ乗り継ぎして武蔵五日市に着き、電車を降りた途端
梅の花の香がふんわりとただよってきました。

武蔵五日市駅からの道にもだいぶ馴れたので、
秋川沿いを歩いて、
周りを竹が生い茂る急な階段を上ってお店まで。


宮古島がそうだし、
小笠原もそうなのだけど、
気に入った土地までの道のりは、遠いとか近いとかいう距離感を忘れてしまいます。
飛行機に乗るのも楽しいし、長時間船に乗るのも飽きないように、電車で約2時間揺られていても、
退屈を感じることはありません。

c0038561_2054174.jpg
お店に行く楽しみの一つ、カフェのお昼ごはん。
布に包まれて籠に入っているのは、
千切ったコリアンダーなどをはり付けて焼いてくれたナンやチャパティー。
お皿には、パパドとタンドールでローストしたなすのカレー(カシューナッツも入ってる)、
ほうれん草のカレー、彩り鮮やかなピクルス。
それとは別に、薬味3種にギーも。

食後にお豆の粉から作られた、甘くて不思議なインドスイーツとチャイもいただきました。

インドで3年間、ダンスを習得する為に滞在していたと言う方が来ていて、
食事のテーブルが一緒だったので、お話を聞いたりしました。
そのあとにやってきた方とも、お話をしたりしてゆっくりしました。
それから、タンドールで暖をとりながら、またおしゃべり。
他のお客さんと、時に真木千秋さんとお話ししたり、時にぱるばさんと、あるいはラケッシュくんと。

ついつい長居してしまいます。そして、ついおしゃべりをしてしまいます。

いい加減に帰らないとという時間になって、来た道をもどりました。

c0038561_21122147.jpg

川沿いの小道にでたら、
こんな何でもない空だけど、
でも、春だよ、
とかなんとか色々言っているような空が開けていたので、
また思わずカメラに収めました。



今、ちょっと興奮気味に書いています。
というのも、このブログを書き始めて間もなく、小笠原にいる素潜り・ヨガ・諸々の師匠から電話があったのです。
ビッグなニュース。朗報でした。それで、心が踊り出してしまってます。
by raisinsand | 2007-03-10 21:20 | Comments(0)

三月九日

c0038561_21142769.jpg



デジカメでぱちりと撮ってしまっては、
それを後から見てもなんにも感じない空かもしれないけど、
確かに、その時その空は何かを感じさせてくれたのです。

私は、なにかの答えを空に求めようとする癖があるようです。



すんなり新しい仕事を始めることが出来たのは、よかったことに違いはありません。
ところが、新しい環境の中で、すごく些細なことなのに、そんな些細なことでときおりハンマーに打たれる気分を味わう...
なんて言うと、大げさかな。
つまり、しょっぱなから、怒濤のカルチャーショックに襲われたわけです。
でも、実はすでに知っていた世界なのです、いまの職場は。
以前いた世界なのです。
例えばオフィスでは、ほとんどの人が毎日毎日、午前も午後も、使い捨ての紙コップでマシンのお茶やコーヒーを飲んでいたり、
お昼が過ぎると買って来たお弁当などの大量のゴミが捨てられていくのを横目で見たり、
ゴミの分別のことだったり、
無尽蔵に紙があるかのごとく、何でもかんでもプリントアウトしていたり、
いとも簡単に紙をくしゃくしゃっとして捨ててしまうのを目の当たりにするだけで、
こちらは息が苦しくなってしまうのです。
私は、友人の影響もあって、ゼッタイそんなことしたくない!(無駄使いはしたくない!)という思いを、日々強めつつあるのですが、
それは自分に対してのみならず、人に対しても無意識に相当目を光らせるようになっていたようです。
そんな日々にどんどん息苦しくなってしまって、
こんな所で、私はやっていけるのだろうか?
という考えにまで発展してしまいました。

毎日、帰りの電車の中でも、歩きながらも、ご飯食べながらも、お風呂の中でも、すっかり眠ってしまうまで、
考えて考えて、、、
そして今日、仕事の合間に思いついたのが、
今私は「エコ社員」を目指すのだ、ということです。

こんな私の答え、カンタン過ぎますか?

いいんです。私はシンプル(=カンタン)が好きなので。

今の現状から目を背けても、自分にとって居心地の良い所だけを求めても、
それでは自分自身満足がゆかないと思いました.

まだ仕事を変えて1週間しか経ってないけれど、
私は耐熱ガラスのマイカップを持って来て、毎朝家でいれてきたお茶を飲んでるし、
不要になった紙は捨てずにノートにするか、小さく裂いてメモ用紙にしているし、
これから忙しくなったとしても、モノを大切に思う心まで亡くさないようにしないと、と思ってます。

実は、私はちょっぴり(?)意志が弱い人間なので、というか弱いくせに、誓いをたてるのは好きなのです。
でも、誓いをたてないと動けない無精な人間です。
というわけでここで一つ、誓いをたてているわけです(苦笑)。
by raisinsand | 2007-03-09 21:57 | Comments(2)

三月四日

昨日よりも今朝の方が、空の雲が薄く、陽の光が背中をぽかぽかと温めてくれるのを感じます。
カーテンを開け放ってiBookに向かうと、ちょうど東から昇る太陽の光が私の背に降り注ぐような位置関係にあるのです。

c0038561_854961.jpg
昨日は雛祭りの日。
とりたてて何をするでもなく、空もどんよりでしたので、
家で一日、久しぶりにきまぐれで針仕事をしてみたり、のんびりすごしました。

飾るお雛様もないなぁと思っていましたが、
たまたま、「ふやき」という餅粉とお砂糖を練って焼いたのに、
お雛様・お内裏様を描いたお菓子をいただいたので、そちらを飾りました。


c0038561_814314.jpg
一日中家にいることは、最近滅多になかったです。
今月末、益子に出かける予定です。たまたまスターネットさんのHPを見てみたら、
HPを開くと聞こえてくる音楽がどこかの美術館のエントランスでかかっているような、
どことなく懐かしいものでした。
その音楽を聴いているととても落ち着くので、スターネットさんのHPを開きっぱなしにして、
ホワイトセージを焚いたり、蜜蝋のキャンドルを灯したり。
リラックスし通しの一日でした。
ヨガも久々にはかどりました(笑)。


c0038561_8155261.jpg
昨日は夜がとても早かったくせに、今朝ものんびりと目覚めて...
そしてコーヒータイムです。
by raisinsand | 2007-03-04 08:18 | Comments(0)