<   2007年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二月二十八日

暦では、明日は 草木萌動そうもくきざしうごく と書かれています。
太陽の光が燦々と降り注いでいるのを感じながら、今朝は全身の力を抜いてしばらく瞑想していました。

昨日が、昨年の9月から始めた仕事の最終日。
明日からは新しい仕事。
今日はその中継ぎの日です。

c0038561_11121130.jpg
昨日いただいた花束には、沈丁花の枝も。
買って来てくれたひと曰く、
パステル色のチューリップとかそう言うのではなくて、
沈丁花が「らしい」と思った、、、とのこと。

なんだかうれしいです。

部屋の中は沈丁花のいい香りが漂っています。


今日は身体もココロもフラットにする日。
ゼロ地帯に持っていって、明日からに備えようと思っています。
by raisinsand | 2007-02-28 11:24 | Comments(0)

二月十五日

旧暦でも、まもなく春がやってきます。
新月が近くなるころでもあり、
また昨夜の嵐にすっかり洗われた今日の夜空はとても澄んでいて、
星々が煌めいています。
そうそう、昨夜と言えば、静岡に住む友達が夜空に虹を見た(かも!)と言っていました。
昨夜だったら、あり得るかもね。

日々の忙しさと寒さを言い訳にヨガをさぼっていたら、
ちょっとどうしようもないくらい、身体もココロもカチコチになってしまっていたようです。
今朝久しぶりにヨガを始めて、身体のガチガチぶりにまず驚いてしまいました。
ヨガをさぼっていたことは、理由の一つにすぎないかもしれませんが、
とにかくここ数日の間は、重い身体を引きずりながら、鈍い思考でやりすごしていました。
逸脱してしまった状態を元に戻すのも、ひと仕事になってしまいそうです。

今夜は、ベジタブルマサラでシンプルな(と言いますか、超シンプルな!)大根カレーを作りました。
スパイシーな中に大根と人参の甘みがじんわり滲むさらさらカレーは、身体を中から洗ってくれそうです。
by raisinsand | 2007-02-15 21:14 | Comments(0)

二月五日

昨日は立春、東風解凍。

友人が田園調布から西荻へ引っ越すというので、手伝いにいきました。
彼女がレンタカーしたワゴンに、荷物を梱包して運び込み、環八を走って新たな住まいへ運び込むのこと2往復。

あっという間に昨日は終わってしまったけれど、今朝がとても清々しいです。
懐かしの環八ドライブと肉体労働をとても楽しめたということでしょう。

彼女には、まだ残された引越仕事が残っているけれど、
私はそれを応援しながら、今日一日、自分の仕事に精を出そうと思います。
by raisinsand | 2007-02-05 08:41 | Comments(0)

二月一日

c0038561_19312722.jpg
最近Amazonで購入した2冊の本は、いずれのタイトルも末尾が「食卓」。

地球の食卓(TOTO出版)と、
白洲次郎・正子の食卓(新潮社)です。

私の食卓に対する好奇心は、並々ならぬものです。
一人暮らしを再開して、一人で食事をすることが圧倒的に増えたと言うのも、
その好奇心を増大させる理由の一つになるかもしれません。


食べ物への好奇心は、いつしか食べるということ(=生きること)への好奇心に広がっています。
だれが、どこで、どんなムードで、
何を食べて、
飲んで、
明日へつないでいるか。


地球の食卓という本は、
例えると、非常に精巧な超望遠レンズ。
その本を通して、鮮明に世界の食卓とそれにまつわる営みを垣間見ているような臨場感が味わえる
素晴らしい本だと思います。
世界各地のポートレートはもちろんのこと、どの写真も何かを語り、考えさせてくれます。
冷静なのだけど、暖かい視線。言葉。

お得な買い物をしてしまったなぁと、思ってます。


さて、食べるということは、この世界のもろもろの現象に繋がる一つの大切な行為だと、改めて思いました。
都会という沢山の矛盾をはらんだ極端な世界で、日々の生活に没頭しすぎてしまわぬよう、気をつけないと。
私は、自分が大切だと思うものを失いたくないからです。
だからといって、此処を離れられない。
それは、きっと失うだけでなく、この中で得ながら生きているから。

うーん、、、番茶をすすりながら、物思いに耽っています。
by raisinsand | 2007-02-01 20:11 | Comments(0)