<   2006年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

二月二十八日きのとう

最近、毎朝家の庭付近から、ウグイス数羽のさえずりが聞こえてきます。
目覚める寸前の、レム睡眠ばりばりの時に、そのさえずりが盛んに聞こえるものだから、夢にウグイスを良く見ます。
さえずりもさることながら、ウグイス本体(なんて言うのも可笑しなものかな・・・)も、とてもかわいらしいので、
そんな夢を見つつ、ふっと目が覚めたりすると、とても気分がいいものです。
ウグイスも十羽十色で、さえずり方も様々。ウグイスの間に上手い下手はないようにも思えますが、
私からしてみると、「これぞウグイスのさえずり」というものから、「不器用だなぁ」というさえずりまで様々で、
それらが変わりばんこに聞こえてくるのが楽しいです。

c0038561_21271178.jpg
今年くらい、満開になる前の桜を鑑賞したことは
まずありません。

昨日、狩野川沿いの桜が
あまりにも蕾だらけだったのを見て、
全く期待もせずに訪れてみた砧公園は
逆に、その期待を軽く裏切るほどの桜色に染まっていました。

こうなってくると、どこまででも桜を見に行ってやるぞ
という気にすらなってきますが(笑)、
来週の今頃はきっと船の上。

c0038561_21314685.jpg
寒さが「痛み」と感じない季節がやってきた。
春、万歳。
by raisinsand | 2006-03-27 21:33 | Before... | Comments(0)

二月二十二日つちのととり

c0038561_20121295.jpg
富士宮方面へドライブにでかけました。
そして、日本の滝を久しぶりに訪れました。

車を止めて滝のそばまで歩いていく途中、土産物屋が
歩道脇に延々と続いているのには閉口してしまいました。
こんなところで商売魂を発揮しなくとも・・・。

が、滝が轟々とたてる音を聞くのは、やはり心地よいものです。

結局、土産物屋の入り口付近に置かれたTVで
日本チームが野球で世界一になる瞬間を運良く見届けることに。

帰ったら小笠原・父島への航海のチケットが届いていました。
徐々に旅への気分も盛り上がりつつあります。

およそ半世紀ぶりに栽培を復活させたという、幻(?)の酒米を醸造した酒をちびりとやりながら、
チケットと一緒に送られてきた小笠原のパンフレットを眺めていたら、
母島では1999年からダイビングが解禁になったと書かれているのを発見。
身軽に行きたいし、父島でスキンダイビングが出来ればいいと思っていたけれど、
やっぱり母島へ足を延ばしてスキューバもしたくなってきました。
ウクレレも持って行きたいけれど、ここは観念してダイビング器材も持って行ったほうが良さそう。
やっぱり荷物は覚悟せねば。
by raisinsand | 2006-03-21 20:33 | Before... | Comments(0)

二月十七日きのえたつ

日が長くなり気温も上がってくると、行動範囲も徐々に広がっていきます。

昨日、御殿場まで友人の車でドライブに出かけました。
行きでは、目の前に迫り来る富士山に圧倒され、
帰りは、箱根の稜線をくっきりと浮かび上がらせる満月の光にうっとりさせられました。

御殿場行きの目的は「石」。
時間をかけて選んだ「石」は、それがすっかり自分のものになると、とても愛しくなりました。
ゆっくりじっくり見つめることによって、私にしか見えない輝きをその石たちが見せてくれたのかもしれない・・・
手に入れた石を小笠原への旅のお供にしようと思います。




c0038561_22225130.jpg
箱根といえば、
ラリック美術館が思いのほか良いです。
久々にリピーター癖が出てます。
展示作品に見飽きることはない上、
カフェレストランのごはんも結構美味しくて。
by raisinsand | 2006-03-16 22:37 | Before... | Comments(0)

二月九日ひのえさる

昨日、下田から帰ってきて、やっぱり小笠原に行きたいと思いました。
星空・素潜り・ウクレレの3拍子が揃っている人に、それらを教われるなんて、「この世にこんないいことがあっていいの?」ってくらい
すごいことです。
ぜひ、そんな人に会ってみたいと思うのです。

そう思うと、それだけで胸がどきどきして、気が早って何にも手がつかないくらいだけれど、
まず、小笠原丸のチケットくらいはなんとかしないと。

c0038561_160367.jpg
河津桜が見事に咲き誇っているのを見ると、
それに満足するのではなく、
次にソメイヨシノが満開なのを見たくなります。

今度の新月辺りに小笠原に行きたいと思うけれど、
そうなるとお花見ができるかはちょっと微妙だな。

c0038561_1653419.jpg
「今日の富士山は一番だな」
と、これまで何度思ったことか。
今日も一番だと思いつつ、「一番」なんて形容詞は、所詮その場限りの一番であり、
だからといって、その場の一番の価値を損なうものではないのだから、
やっぱり一番だと思っていれば良いのだと考えたりしています。
考えすぎ?
by raisinsand | 2006-03-08 16:09 | Before... | Comments(0)