<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

初初

昨日は、やることやることが初めてのことばかりでした。
c0038561_1095992.jpg
まずは、サーフィン。
友人宅は、Narrabeenという素晴らしいビーチ
沿いの地区にあります。
いつもリビングの大きな窓の向こうにはババーンと海が
広がっているのです。
一応南半球は冬だし・・・なんて躊躇していたのですが、
思い切って海に出てみたら、、、
ボードの上でバランスを取るだけでかなりの苦労。でもやっぱり楽しい。
寒さも時間も忘れてしまい海に浮いてちょぷちゃぷしていたら、ヘトヘトに。
陸に上がるのに、友人に引きずり上げてもらったのでした(苦笑)

昼はファーストフードのベジバーガーでペコペコのおなかを満たし、ナショナルパーク内のIllawong Bayまで、ドライブ。
c0038561_10213885.jpg
友人の車はクラシックのcombi。
なんと、木材と鉋(かんな)を携えて、
パーク内で鉋レッスンです。
友人は家具作りはもうお手の物。
数年後には自作の家を建てようと息巻いている、
なかなか頼もしい人です。

それにしても、昔からの伝統的な道具というものは、なかなか使いこなすのが難しいです。
でも、そんな道具によって加工されたもの(ここでは木材)は、その仕上がりが本当に美しいのですねぇ。
私は、その美しさにほとんど貢献できませんでしたが(苦笑)、大自然の静寂の中での鉋レッスンはかなり楽しかったです。

鉋講習会を終えて、ただただ大きいパーク内を車でひた走り、たどり着いたのはWest Headという景勝地。
c0038561_1030722.jpg
ここは、夕暮れ時が最高なところです。
息を呑むような美しい風景が、
目の前にぐわーーーーっと広がります。
夢中になって写真を撮っていたら、
なんと野生のワラビーが目の前の崖を
ひょこひょこと歩いてくるのを発見。
友人にも、今日はラッキーデーだねぇとのお墨付き(?)でした。


帰りの車の窓からずーっと外を眺めていると、まるで大自然をテーマにしたドキュメンタリー番組の映像を見ているような気分になりました。
c0038561_10354969.jpg
でも、こっちがリアリティーなんですよね(笑)
by raisinsand | 2005-07-06 10:37 | Before... | Comments(2)

薄味

今夜も料理当番しました。
と言っても、3時過ぎに昼食(?)を取ったので、またもやシンプル。ご飯とスープセット。

c0038561_2231159.jpg
不思議セットです。

というのは、ご飯はロンググレインブラウンライス。
それに、KIのストアで買ってきた、ミトクのTekka(鉄火!)をふりかけて。
スープはレンティルスープのつもりですが、野菜が山ほど。
オニオン、キャロット、ルタバガ、バターナットスクワッシュ、セロリ、キャベツ。
そうそう、昆布としいたけ出汁。味付けはシーソルトと醤油の香りで。

お茶碗とスープボールの向こうには、もちろんオージーワインのグラスが控えてます(笑)。

今夜は、つい私好みの野菜の甘み系に走ってしまい、ちょいと薄味「すぎて」しまった模様。
もうちょっと塩味を入れた方が、野菜の旨みも引き立っただろうにということに、あとから気付きました。
次回からの教訓と致しましょう(苦笑)

今日は、友人に日が暮れてからシドニーのシティの夜景が抜群のビューポイントに連れて行ってもらいました。
目の前に突然広がるシティーの明かりはまさに宝石箱。日本のようにあらゆるカラーのネオンが争うばかりにちかちかするのではなく、
白熱灯の自然なオレンジ色の明かりの点々の中に、ブルーとレッド、そしてほんのわずかのグリーンの明かりが散りばめられた上品な夜景が、
目の前の入り江の向こうにすっきりと繰り広げられている(うーん、上手く表現しようとしてもなかなかいい言葉が浮かばないなぁ)のです。
とにかくも、シドニー(というか、オーストラリアかな?)はとても空気がクリーンな所です。
by raisinsand | 2005-07-04 22:46 | Before... | Comments(2)

実践

シドニーは時差がほとんど無い(+1h.)ので、楽チンです。
しかもステイさせてもらっている友人は日本人なので、もちろんPCも日本語対応。
こころおきなく(?)ここを更新することが出来るのはありがたいことです。

さて、KIでマクロをみっちり2ヶ月間学んできたとはいえ、シドニーの友人と一緒に過ごすと言う事は、
少なからず彼等の生活スタイル、食事スタイルと自分にとってのマクロな生活を調和させる方法を見つけていかないとなぁと思っていました。
ところが、友人との再会から間もなく、かなり彼等がマクロビオティックに開眼してしまったのです!
なぜ「食べ物」が大事かという事をマクロ的に説明したら、すんなりと彼等は理解してくれました。
そして、マクロ料理に興味津々!
ということで、マクロ談義で夜遅くになってしまったにも拘らず、夜9時過ぎにスーパーマーケットに出かけ、
オーガニックセクションで数種類のグレインとビーンズ、タヒニ、ベジタブルなどをゲットして、
彼等にとって初のマクロ料理をお披露目しました。
夜も遅いしおなかも減っていると来ていたので、シンプルめのメニュー。
キヌアサラダとテンペのピーナッツソース。
キヌアサラダは、ボイルしたキヌアと、軽くボイルしたセロリ、オニオン、アスパラガス、キャロット、そしてローストしたパンプキンシードをあわせ、
ウメビネガー、ビネガー、シーソルト少々で味付けしただけ。飾りにブロッコリーを添えました。
テンペは、薄くごま油を引いたフライパンでじっくりソテーをして、軽くボイルしたオニオンとインゲンを飾り、
ピーナッツバターとアップルジュース、醤油、水で作ったスイートピーナッツソースをかけました。
c0038561_8584784.jpg
これらのメニューで
マクロ=ベジタブル=ちゃんと満足得られるかなぁ
というイメージは上手く払拭できた模様。
ワイン通な友人から、これならワインにもマッチするとのコメントを頂き、
深夜の第一回マクロディナーはめでたしめでたしでした。
by raisinsand | 2005-07-03 09:03 | Before... | Comments(0)