真夏の薔薇。

c0038561_16223346.jpg
こんなに暑いのに、一輪咲きました。
お庭で周りをいろんな植物に囲まれながら、
栄養は、たまに撒かれるお米のとぎ汁やお茶殻のみ。
そんな真夏の君は、いつもより小柄でスリムです。

毎日夜明けの空が白んでくる頃、
1羽の小鳥が近くにやってきて、
澄んだ声でおしゃべりみたいに聴かせてくれて、
そして行ってしまうのだけれど。
その声の主、小鳥の名は、
いつまでたっても分からぬままです。

(旧 水無月十三日癸亥)

by raisinsand | 2017-08-04 16:36 | Comments(0)
<< 緑陰の珈琲時間。 町の小さな図書館の効用。 >>