for mind and soul

c0038561_149862.jpg

この前の日曜日、今年の3月末でひと区切りの閉店をするという、

はけの森・オーブンミトン カフェへ、友人と出かけてきました。

その日は、昼前に武蔵小金井に着くよう、早めの時間に待ちあわせをし、

大きな大きな木々に囲まれた山小屋のようなカフェで席が空くのを少し待ち、

気取らず居心地のよいカフェのテーブルで、キッシュやシュークリームを頂いてきました。

主にレシピの本や雑誌を通じてしか知ることのなかったオーブンミトン。

全て一貫して、幹が太く豊か、芯がしっかりしている、と言いましょうか、

ぶれることのない貫かれたものがすっ と通っていて、

お店では、ずっと感動し通しでした。

持ち帰りにパウンドケーキをひと切れ、買うことにしました。

選んだのはシンプルなバニラパウンド。

今日が品質保持期限日でしたので、

コーヒーを淹れて、じっくりといただきました。

カフェで頂いたお菓子同様、まっすぐ素直で力強い、のだけれど

やさしいおいしさ!

このパウンドのレシピを作り上げていくのに費やされた小嶋ルミさんの情熱や、

オーブンミトンの方々の日々の働きを思いながらいただきました。

バターやお砂糖をつかったお菓子は、以前に増して、

お金と言うより、身体と心にとっての贅沢品として、ごくたまにの楽しみとなりました。

そのほうが、楽しく嬉しい心の振れ幅も大きく、淡々とした日常への励みにもつながるような気がしています。

とにかくも、オーブンミトン カフェ、行くことができてよかったなぁ。

(旧 如月二十四日癸丑)
by raisinsand | 2016-04-01 14:47 | Comments(0)
<< basket beauty >>